中部電力|再生可能エネルギー発電設備からの電力購入に係るご契約について - 法人のお客さま
HOME>法人のお客さま>再生可能エネルギー発電設備からの電力購入に係るご契約について

再生可能エネルギー発電設備からの電力購入に係るご契約について

再生可能エネルギーの固定価格買取制度は、再生可能エネルギー源(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス)を用いて発電された電気を、国が定める固定価格で一定の期間電気事業者に調達を義務づけるものです。
また、電力会社などが買取りに要した費用は、再生可能エネルギー発電促進賦課金(電気料金の一部)として、電気を利用するすべてのお客さまに、電気のご使用量に応じてご負担いただくこととなっております。

ご契約および連系手続き(重要)

【ご注意いただきたい点】

再生可能エネルギー発電設備からの電力購入につきましては、電気をお使いいただくご契約も必要となりますので、併せて手続きをお願いいたします。(注1)(注2)

(注1)インバータ(パワーコンディショナー)は夜間・待機時に電気を消費しますので、電気をお使いいただくご契約が必要となります。
(注2)当社からお支払いする電力購入料金とは別に、電気をお使いいただくご契約の電気料金をご負担いただく必要があります。

系統状況などに係る重要なお知らせ

「系統空容量マッピング」は、熱容量面での空容量を示しています。空容量が無いもしくは少ない箇所に新たな発電機連系をおこなう場合には、系統対策工事が必要となる可能性があります。このマッピングは、接続検討申込の受付制限を示すものではありません。

「再生可能エネルギーの接続申込み状況」は、当社供給区域内の接続申込みの状況を示しています。なお、当社供給区域内においては、再生可能エネルギーの導入見通しが需要規模と比べて小さく、現時点では接続可否の回答を保留する状況にはありません。