中部電力|ご契約手続き(高圧・特別高圧の場合) - 再生可能エネルギー発電設備からの電力購入に係るご契約について

再生可能エネルギー発電設備からの電力購入に係るご契約について ご契約手続き(高圧・特別高圧の場合)

お申込みから系統連系・電力購入開始までの流れは、「再生可能エネルギー発電設備の系統連系等に関する留意事項(高圧・特別高圧)」記載のとおりです。

【各断面における留意事項、関係書類など】

0.事前相談(ご希望されるお客さまのみ)

1.接続検討申込および検討料の支払い

2.接続検討結果の回答

3.接続契約の申込み(注1)

4.接続契約の締結(注1)

5.事業計画認定の申請・取得

6.特定契約の申込み

7.特定契約の締結

8.工事実施(連系対策工事、電力量計取付工事などの実施)

9.固定価格買取制度に基づく電力購入の開始

(注1)接続検討結果回答後の接続契約申込の受付けをもって暫定的に送電系統の容量を確保し、接続契約の締結をもって送電系統の容量を確定いたします。

0.事前相談(ご希望されるお客さまのみ)

指定の様式により、当社営業窓口(注2)にお申し込みください(検討料は不要です)。

簡易な検討であり、検討時点において、熱容量から評価した連系制限の有無などを回答するものです。

受付けから回答までの標準的な期間は、1ヶ月となります。

事前相談結果は、送電系統の容量を確保するものではありません。

(注2)系統連系電圧が高圧の場合は営業所、特別高圧の場合は支店にてお申込みを受け付けいたします。

受付時間:9時~17時(土曜・日曜・祝日、年末年始を除く)

関係書類

1.接続検討申込および検討料の支払い

指定の様式により、当社営業窓口(注3)にお申し込みください。

当社の電力系統とお客さまが設置される発電設備を接続するにあたり、電圧変動なども考慮した技術的な検討をおこないます。

1受電地点1検討につき検討料(20万円に消費税等相当額を加えた金額)を申し受けます。

(注3)系統連系電圧が高圧の場合は営業所、特別高圧の場合は支店にてお申込みを受け付けいたします。

受付時間:9時~17時(土曜・日曜・祝日、年末年始を除く)

関係書類

(注4)すでに連系している発電設備について変更をご希望される場合で、再度接続検討が必要になるかどうか確認されたいときに必要となる書類です。

2.接続検討結果の回答

電圧変動などを考慮した詳細な検討による連系制限の有無、対策工事の有無、工事概要(工期・工事費負担金)などを回答いたします。

受付けから回答までの標準的な期間は3ヶ月(高圧〔500kW未満かつ逆変換装置を使用する設備〕は2ヶ月)となります。ただし、対策工事の規模などによって、標準的な期間よりもお日にちをいただく場合があります。

接続検討結果は、送電系統の容量を確保するものではありません。

関係書類

3.接続契約の申込み

接続検討回答書を受領した後、「再生可能エネルギー発電設備からの電力受給契約要綱」および「発電設備系統連系サービス要綱」を承認のうえ、当社所定の様式により当社営業窓口(注5)にお申し込みください。

再生可能エネルギー発電設備からの電力購入については、電気をご使用いただく契約も必要となりますので、「基本契約要綱(高圧)」を承認のうえ、当社所定の様式により当社営業窓口(注5)にお申し込みください(注6)。なお、特別高圧にて受電する(電気をご使用いただく)ことをご希望されるお客さまは、お手数ではございますが、申込書類・手続き方法などについて支店担当窓口までお問い合わせください。

受付けから回答までの標準的な期間は、6ヶ月となります。ただし、対策工事の規模などによって、標準的な期間よりもお日にちをいただく場合があります。

接続契約申込の受付けをもって暫定的に送電系統の容量を確保いたします。

(注5)系統連系電圧が高圧の場合は営業所、特別高圧の場合は支店にてお申込みを受け付けいたします。

受付時間:9時~17時(土曜・日曜・祝日、年末年始を除く)

(注6)インバータ(パワーコンディショナー)は夜間・待機時に電気を消費しますので、電気をお使いいただく契約も必要となります(電気使用に係る電気料金をご負担いただきます)。

関係書類

(注)特別高圧にて受電することを希望されるお客さまは、支店担当窓口までご連絡ください。

4.接続契約の締結

お客さまからの接続契約申込に対して、当社は「契約申込みに対する回答書」にて連系制限の有無、対策工事の有無、対策工事内容(工期・工事費負担金)などを回答し、最終的な契約締結意思を確認いたします。

お客さまから契約締結の意思が示され、当社がそれを承諾したときに、接続契約が成立します(承諾を証する書面として「系統連系に係る契約のご案内」を発送いたします)。

接続契約の締結をもって送電系統の容量を確定いたします。

事業計画認定取得時に「系統連系に係る契約のご案内」を国へ提示していただく必要があります。

工事費負担金の支払期限は当社からの請求後1ヶ月以内とし、当該期限までにお支払いいただけない場合は、接続契約を解除することがあります。

関係書類

5.事業計画認定の申請・取得

国へ再生可能エネルギーの固定価格買取制度に基づく事業計画認定の申請をおこなっていただく必要があります。(注7)

接続契約の締結に先立ち本申請をおこなっていただくことも可能ですが、認定を取得するには接続契約の成立を証する書類(系統連系に係る契約のご案内)を国へ提示していただく必要があります。

事業計画認定取得後、認定内容を変更される場合は、速やかに国および当社に対して必要な手続きをおこなっていただく必要があります。なお、認定内容を変更された場合は、当該変更が完了したことを証する書類(変更認定通知書、国の受理印が押印された軽微変更届出書の写し)を当社窓口にご提出ください。

認定の取得(変更)に関する手続きが完了したことを当社が確認するまでは、固定価格買取制度に基づく買取りは開始されません。

(注7)事業計画認定に関する制度詳細や申請書類などについては、資源エネルギー庁のホームページをご確認ください。

経済産業省資源エネルギー庁ホームページ

6.特定契約の申込み

事業計画認定取得後、「再生可能エネルギー発電設備からの電力受給契約要綱」を承認のうえ、当社所定の様式により当社営業窓口にお申し込みください。(注8)

お申込みにあたっては、事業計画認定の取得を証する書類(再生可能エネルギー発電事業計画の認定について(通知))を併せてご提出ください。

特定契約の申込み時点で振込先口座が未定の場合や振込先口座を変更される場合は、決定次第、別途「振込先通知書」をご提出ください。

(注8)系統連系電圧が高圧の場合は営業所、特別高圧の場合は支店にてお申込みを受け付けいたします。

受付時間:9時~17時(土曜・日曜・祝日、年末年始を除く)

関係書類

7.特定契約の締結

特定契約に関するお申込みを当社が承諾したときに、特定契約が成立します(承諾を証する書面として「電力購入に係る契約のご案内」を発送いたします)。

電力受給(購入)開始日、購入単価、購入期間などは「電力購入に係る契約のご案内」に記載いたします。

関係書類

8.工事実施(連系対策工事、電力量計取付工事などの実施)

再生可能エネルギー発電設備の連系にあたり必要となる対策工事、受給電力量を計量するための電力量計の取付工事などを当社にて実施いたします(工事費負担金をお支払いいただいた後に対策工事に着手いたします)。

工事費負担金に関する取扱いは「4.接続契約の締結」記載のとおりです。

9.固定価格買取制度に基づく電力購入の開始

系統連系対策工事完了後、当社電力系統とお客さまの発電設備の接続状況が系統連系の要件に適合しているかを確認したうえで、系統連系・電力購入が開始されます。

毎月、計量値を確認のうえ、お客さまから受給した電力量に応じて電力購入料金をお支払いいたします。

当社からお支払いする電力購入料金は、あらかじめご指定いただいた口座へお振込みいたします。

その他

2017年3月31日までに当社との電力受給契約が成立している場合は、「再生可能エネルギー発電設備からの電力受給に関する契約要綱(高圧および特別高圧)」が適用されます。

関係書類

関係書類(再掲)