プレスリリース バックナンバー(2000年)

新料金メニュー(選択約款)の届出について

平成12年4月13日
中部電力株式会社

 当社は、高圧(6,000V)で電気をお届けしているお客さまを対象とした4つの新料金メニュー(選択約款)を設定し、本日、通商産業大臣に届け出いたしました。新料金メニューは、平成12年5月1日から実施いたします。

 これまでに当社は、ピーク時間から夜間時間への負荷移行を反映する料金として、季節別時間帯別電力や蓄熱調整契約等を設定し、電力の負荷平準化を図ってまいりました。

 今回、新たに届け出た料金メニューは、最大需要電力の抑制や操業形態の見直しなど電気の使い方の工夫を料金に反映するものであり、お客さまに、より多様な負荷平準化策を提供するものです。

 新電気事業法のもと、当社は今後とも自由化分野のお客さまのみならず、すべてのお客さまのご要望をお聞きしながら、魅力ある料金メニューやサービスの提供に努めてまいります。

以上


新料金メニュー(選択約款)の概要


1 新たに届け出た選択約款

2 内 容


  • ○ 従来の料金に比べ、最大需要電力に応じた料金(基本料金)負担を高め、使用電力量に応じた料金(電力量料金)負担を軽減しました。
  • ○最大需要電力の抑制や操業形態の見直しなど、電力負荷設備を年間を通じて効率的にご使用いただくことで、ご加入いただきやすくなります。

3 イメージ

以上

<ご参考>

1 第2業務用電力

(1) 適用範囲

 業務用電力(高圧供給)の適用範囲に該当し、この契約の適用を希望されるお客さま。
 <具体例>事務所、ビル、学校、病院、ホテル等

(2) 料  金

2 第2業務用季節別時間帯別電力

(1) 適用範囲

 業務用電力(高圧供給)の適用範囲に該当し、この契約の適用を希望されるお客さま。
 <具体例>事務所、ビル、学校、病院、ホテル等

(2) 料  金

3 第2高圧電力

(1) 適用範囲

  高圧電力AまたはBの適用範囲に該当し、この契約の適用を希望されるお客さま。
  <具体例>A:中規模工場、B:大規模工場

(2) 料  金

4 第2高圧季節別時間帯別電力

(1) 適用範囲

  高圧電力AまたはBの適用範囲に該当し、この契約の適用を希望されるお客さま。
  <具体例>A:中規模工場、B:大規模工場

(2) 料  金

以上