プレスリリース バックナンバー(2000年)

海外水車メーカーと直接購入契約締結 ~初めて海外メーカー間での競争見積を実施、大幅な購入価格削減へ~

平成12年4月17日

 当社では、この度、小規模水力発電所の水車・発電機の調達において、海外メーカー間での競争見積により購入先を決定し、直接購入契約を締結いたしましたので、お知らせいたします。

1.小規模水力発電所の機器調達

 当社では、未利用エネルギーの有効活用を図るため、ダムから放流されている河川維持流量を発電に利用した小規模な水力発電所の開発に取り組んでおります。開発については、設備の簡素化による建設コスト低減、保守費用の低減を目指しております。

 今回、平成13年2月使用開始予定の大井川水系東河内(ひがしごうち)水力発電所(静岡市、150kW)の水車・発電機の調達では、海外有望メーカーを発掘し、海外メーカー数社間での競争見積により、オズバーガー社(ドイツ)と直接購入契約を締結いたしました。

2.海外メーカー間での競争見積によるメリット

 当社は、小水力発電所の水車・発電機に、安価な海外製品を既に採用しておりますが、従来は国内メーカーや代理商経由で調達してまいりました。
 今回、直接、海外メーカー間での競争見積を実施したのは、当社としては初めての試みであります。
構造が簡単なクロスフロー水車の採用および海外メーカー間での競争見積の結果、機器購入価格の大幅な削減が可能となりました。
 なお、海外直接購入は、代理商手数料の削減ができると共に、高度な技術を持ちながら日本に代理店が無い海外の企業からの調達が可能となるメリットがあることから、今後も継続的に実施していきたいと考えております。

以上