プレスリリース バックナンバー(2000年)

中国広東省LNGプロジェクトへの応札について

平成12年9月8日
中部電力株式会社

 当社は本日、中国・広東省におけるLNG受入基地およびガスパイプラインプロジェクトの外資側出資者の募集に対し、コンソーシアムの一員として応札書類を提出いたしました。

 このコンソーシアムは、LNGビジネスに関する様々な分野で幅広い経験と実績を持つ企業が国際的な提携を行ったものです。構成メンバーは、本邦から、LNG受入基地の建設、運営、LNG輸送、LNGの購入に実績を持つ、当社および日商岩井株式会社の2社が本入札の目的で設立した、ジャパンカントンLNG社(当社51%:日商岩井49%)、LNG供給プロジェクトに実績を持つ、世界最大のオイルメジャーである、エクソンモービルが本入札の目的で設立したエクソンモービル チャイナ(シンセン)LNG社、更に、香港から、ガス火力発電所の運転に実績を持つ香港大手の電力会社、中華電力公司の子会社CLPエンタープライズ社の3社であります。

 今回のプロジェクトにおいて、外資側出資者に求められているのは、中国南部と香港に天然ガスを供給するためのLNG受入基地およびパイプラインに関するフィージビリティ調査を行い、その建設・運営に参加することです。

 当社としては、我々のコンソーシアムと中国側出資者が連携することにより、中国初のLNG受入基地およびパイプライン建設・運営プロジェクトの成功に貢献ができると考えております。

【コンソーシアム参加企業】

  • ・ジャパンカントンLNG社
    (中部電力(株)と日商岩井(株)の合弁企業:今回の応札に合わせて設立)
  • ・エクソンモービル チャイナ(シンセン)LNG社
    (世界最大の民間石油・ガス会社米国エクソンモービル社の子会社)
  • ・CLPエンタープライズ社
    (香港の電力会社中華電力公司の子会社)

以  上

(別 紙)

プロジェクトの概要(第Ⅰ期工事)

(1)地  点

  • 広東省・シンセン市郊外

(2)設  備

  • LNG受入基地(300万トン/年)および仏山までのパイプライン327km

(3)完工時期

  • 2005年

(4)総投資予想額

  • 総投資額 :51.0億元(約689億円、1元=13.5円で換算)
  • 出資金 :15.3億元(約207億円、30%)
  • 借入金 :35.7億元(約482億円、70%)

(5)出資金の内訳

  • 中国側  9.8億元(約132億円、出資金の64%)
  • 中国海洋石油総公司    33%  シンセン市投資管理公司   14%
  • 広東省電力集団公司    6% 広州市ガス公司     6%
  • 仏山市ガス総公司    2.5% 東莞市燃料工業総公司 2.5%
  • 香港側  0.9億元(約 13億円、出資金の 6%)
  • 香港電灯集団有限公司   3%、 香港中華ガス有限公司  3%
  • 外資側  4.6億元(約 62億円、出資金の30%)

(注)今回の応札対象は第Ⅰ期工事分であるが、その後、第Ⅱ期工事も計画されている。

第Ⅱ期工事の概要

  • ・設 備
     LNG受入基地増設(200万トン/年)および仏山~珠海間のパイプライン182km
  • ・完工時期
     2008年
  • ・総投資予想額
     21億元(約284億円)

付近図

 添付地図参照

投資目的会社(Japan Guangdong LNG Company)
 当社と日商岩井は投資目的会社を英領西インド諸島ケイマン島に設立し、コンソーシアムに参加する。

以  上