プレスリリース バックナンバー(2000年)

「自然冷媒を用いた家庭用給湯器」の開発について ~21世紀の給湯器革命~

平成12年9月18日
中部電力株式会社

 当社は、平成12年4月から、関西電力株式会社、ダイキン工業株式会社と共同で、「自然冷媒(CO2)を用いた家庭用給湯器」の開発に取り組んでまいりました。
 このたび、実用化の目途がつき、商品化に向けた最終段階のフィールドテストを実施いたしますのでお知らせします。

 今回、フィールドテストを開始する自然冷媒を用いた家庭用給湯器は、次の特徴があり、環境性・経済性に優れるなど、21世紀にふさわしい給湯器です。


○地球環境に極めて優しい   
 工業製品の製造過程で排出されるCO2を冷媒として再利用するため、オゾン層を破壊することなく、温暖化抑制に貢献できます。
○省エネ効果が非常に大きい   
 ヒーターレスで最大90℃の高温給湯が可能であり、システム全体のエネルギー効率は年間COP3.0※以上と省エネ効果が非常に大きくなります。
○ランニングコストが圧倒的に安価   
 エネルギー効率が高く、省エネ効果が非常に大きいことから、ランニングコストが圧倒的に安くなります。

 今後は、平成12年10月より、一般家庭を対象に80台程度のフィールドテストを実施し、給湯能力や信頼性を検証した上で、平成13年度の商品化を目指します。

  ※ COP(Coefficient of Performance)とは、消費電力あたりの加熱・冷却能力を
   あらわしたもので、この値が大きいほど効率が良くなる。

以  上

(参 考)

「自然冷媒を用いた家庭用給湯器」の商品化研究の概要

1 開発体制 次の3社による共同開発


  • ○中部電力株式会社
    所在地 名古屋市東区東新町1
    社長  太田 宏次
  • ○関西電力株式会社
    所在地 大阪市北区中之島3-3-22
    社 長 石川 博志
  • ○ダイキン工業株式会社
    所在地 大阪市北区中崎西2-4-12 梅田センタービル
    社 長 井上 礼之

2 研究期間  

平成12年4月から平成14年3月

3 フィールド試験機の構成

 貯湯タンクと熱源ユニットから構成され、安い深夜電力を利用して給湯します。


  • ○貯湯タンク :W612㎜×D617㎜×H1,815㎜(300㍑)
  • ○熱源ユニット:W685㎜×D285㎜×H990㎜

添付資料:CO2冷媒ヒートポンプ給湯器の構造

以  上