プレスリリース バックナンバー(2000年)

火力発電所熱効率改善等に関する招待研修・セミナーの実施について

平成12年9月20日
中部電力株式会社

 当社は、この度、インドネシア国の技術者や経営層等を対象とした、火力発電所の熱効率改善に関する技術移転のための研修およびセミナーを、当社本店はじめ関連施設等(日本)で実施することといたしました。
 これは、当社が今年度より実施している海外への技術協力プロジェクト「スララヤ火力発電所の運用改善による熱効率改善」の一環として、ICETT(財団法人 国際環境技術移転研究センター)の協力を得て、実施するものです。

<実施概要>

1 研 修

  1. (1)目  的  日本における環境対策および火力発電所の熱効率管理の
            ノウハウを習得し、各々の日常業務に役立てていただく。
  2. (2)人  数  10名(ジャワ・バリ第1発電会社の技術者)
  3. (3)期  間  平成12年9月27日~平成12年10月11日
  4. (4)内  容  ・火力部門での熱効率改善に関する専門技術研修
             (10/3~9)
            ・日本側技術者との意見交換(10/3)
            ・当社設備等の見学(9/28・29,10/3・6・10) 等

2 セミナー

  1. (1)目  的  日本における環境対策のノウハウを習得し、自国および
            自社の環境施策、経営に役立てていただく。
  2. (2)人  数  8名(国有電力会社、ジャワ・バリ第1発電会社の経営
            層およびエネルギー鉱物資源省、環境省)
  3. (3)期  間  平成12年9月27日~平成12年10月5日
  4. (4)内  容  ・日本側経営層との意見交換(10/3)
            ・当社設備等の見学(9/28・29,10/3・4) 等

 10月3日は、中部電力本店にて研修およびセミナーを実施いたします。ご取材いただける場合は、下記までご連絡いただければ幸いです。

 <ご連絡先>中部電力 広報部報道グループ 山岡 052-961-3582

以  上

ご参考

1 「スララヤ火力発電所の運用改善による熱効率改善」プロジェクトの概要


  • ○相手国  :インドネシア
  • ○相手方  :ジャワ・バリ第1発電会社
          (インドネシア国有電力会社の子会社)
  • ○実施期間 :平成12年5月~平成14年3月
  • ○内  容  :既設発電所の運用改善による熱効率改善
  • ○対象設備 :スララヤ火力発電所3号機(40万kW)

2 インドネシア国有電力会社の概要


  • ○1994年に、国営公社から政府保有の株式会社に移行した送配電会社。
  • ○1995年に、規制緩和による事業再編の第一歩として、発電事業を営む子会社を西ジャワと東ジャワに設立。

3 ジャワ・バリ第1発電会社の概要


  • ○西ジャワに設立されたインドネシア国有電力会社の子会社で、発電事業を営む。

4 スララヤ火力発電所の概要


  • ○所在地:ジャカルタの西約110km
  • ○出 力:1~4号機は各40万kW、5~7号機は各60万kW、
        合計出力は340万kW
  • ○燃 料:石炭専焼

以  上