プレスリリース バックナンバー(2000年)

新環境方針「中部電力環境宣言21」の制定について ~21世紀に向けた新たなる地球環境保全への取り組み~

平成12年12月22日
中部電力株式会社

 当社では、21世紀を迎えるにあたり、地球環境問題に対する理念と指針を定めた新環境方針「中部電力環境宣言21」(別紙参照)を取りまとめました。
これは、平成5年に制定した「地球環境6題-自律と協調」を改定したものです。

 当社では、これに基づいて、より具体的で実効性の高い環境問題への取り組みを進めていきます。

 具体的な改定のポイントは、次のとおりです。


○社内外の評価を反映して環境レベルを向上
  これまでの有識者による「環境懇話会」に加え、一般の主婦や大学生な
 どとの環境コミュニケーションルートを確立する。
○グループ企業・取引企業とともに環境問題に取り組む
  グループ各社の環境対策に関する情報交換等を行う「グループ企業環境
 対策連絡会」の機能強化、グループ主催による「環境経営セミナー」を開
 催する。

 また、これらの新しい展開のほか、火力発電所の熱効率向上や、環境マネジメントシステムの社内認証制度など、従来からの取り組みについても、一層の充実・強化を図ってまいります。

 今後は、「中部電力環境宣言21」に基づき、各事業場が各々の環境方針と行動目標を策定することとしています。

 当社は、競争時代を勝ち抜くことと同時に、環境保全への取り組みを重要な経営課題と位置づけ、今後とも環境問題への取り組みを積極的に推進してまいります。

以  上

(別 紙)

「中部電力環境宣言21」と数値目標

1.中部電力環境宣言21

中部電力環境宣言21

2.「中部電力環境宣言21」に基づく行動目標の数値目標

「中部電力環境宣言21」に基づく行動目標の数値目標

  1. ※1 発電所から放出された放射性気体、液体廃棄物の量をもとに、原子力安全委員会が
      定めた方法により計算
  2. ※2 本店、支店、営業所、電力センター、発電所(事務棟のみ)、人材開発センターを
      対象
  3. ※3 リサイクル率=リサイクル業者へ搬入した量/排出量