プレスリリース バックナンバー(2001年)

浜岡原子力発電所1号機における配管破断事故について(破断部位の破片の追加発見)

平成13年11月28日
中部電力株式会社

 浜岡原子力発電所1号機(沸騰水型、定格出力54万kW)は、定格出力運転中、平成13年11月7日高圧注入系手動起動試験を実施したところ、余熱除去系配管が破断したため、原子炉を停止し原因調査を行うこととしました。
 この度、配管切断前の現場状況の確認が完了したため、配管を切断し詳細調査を開始しました。(11月13日 発表済み)

 昨日16時頃、原子炉建屋2階の余熱除去系熱交換器室内で、破断した配管の破片がさらに1片見つかりましたのでお知らせいたします。
 なお、破断直後の調査では、同室内で4片見つかっておりました。

以  上