プレスリリース バックナンバー(2001年)

浜岡原子力発電所1号機余熱除去系配管破断に関する調査状況について(破面観察・断面観察等)

平成13年12月6日
中部電力株式会社

 浜岡原子力発電所1号機の余熱除去系配管破断部については、(株)東芝関連施設において切り出したテストピースの破面観察等を実施しておりますが、これらの調査状況についてお知らせいたします。

 破断部位の破面観察を行った結果、これまでのところいずれのテストピースからも延性破壊の特徴を示すディンプル模様が認められました。また、断面観察では、金属組織に異常は認められておりません。
 これらの結果から、当該配管は、破断部位に過大な力が働いて、延性的に破壊されたものと推定されます。

 今後、(株)東芝関連施設における追加破片の調査を含め、破断部位に働いた力の大きさやメカニズム等の調査を行い、原因究明を進めてまいります。

以  上