プレスリリース バックナンバー(2001年)

浜岡原子力発電所1号機余熱除去系配管破断事故に関する 調査状況について(原因調査状況他)

平成13年12月13日
中部電力株式会社

 浜岡原子力発電所1号機の余熱除去系配管破断については、以下の調査・分析結果等から、破断に至る要因として、配管内に蓄積した水素の急速な燃焼が関連していた可能性が高いものと推定されます。
 

  1. (1) 破断部の破面観察により、延性破壊を示すディンプル模様が確認され、破断部より上流側の配管においても配管周長が増加するとともに肉厚が薄くなっていたことから、相当な範囲に渡って過大な内圧が発生したものと推定されること
  2. (2) 当該配管類似箇所に残留していた気体を分析した結果、高濃度の水素が検出されたこと

 今後は、水素の急速な燃焼が起こり得るメカニズムについて、解析等により詳細に評価するとともに、他の要因についても引き続き評価してまいります。  本日、これまでの調査状況を取りまとめて中間報告として国へ提出いたしました。

 また、これまでの調査を踏まえ、浜岡原子力発電所1~4号機内で水素が滞留する可能性のある部位を調査した結果、対応を要する箇所としては、1~3号機の余熱除去系蒸気凝縮系の当該部位のみであることが確認されました。
 これを踏まえ、11月20日付け原子力安全・保安院指示「中部電力株式会社浜岡原子力発電所第1号機の余熱除去系配管破断に関する当面の対応について」に基づき対策を検討しておりますが、滞留物の除去作業と同等の効果を有する方策として、停止中の2,3号機の余熱除去系蒸気凝縮系配管への分岐部に弁を設置することを、本日国に報告いたしました。

以  上