プレスリリース バックナンバー(2001年)

プルサーマル計画についての当社の取り組みについて

平成13年12月21日
中部電力株式会社

 当社はプルサーマルについて、2000年代のできるだけ早い時期の装荷を目指して、地元のご理解をいただきながら進めていきたいと考えております。
 今年8月に、電気事業連合会からプルサーマル計画の推進に向けた検討状況について中間報告いたしました。その際に、各事業者はプルサーマル推進に向けた取り組み状況について年内に公表することとしており、本日、8月以降の当社の取り組み状況について別紙のとおりお知らせいたします。
 なお別紙の内容につきましては、本日、電気事業連合会が各事業者の取り組み状況を中間報告として取りまとめ、発表しております。

 先月、浜岡原子力発電所1号機において発生した事故につきましては、皆様に大変ご心配をおかけし、深くお詫び申し上げます。
 今後とも、事故原因の徹底した究明と再発防止対策の確実な実施を最優先に行うとともに、情報公開を積極的に進め、浜岡原子力発電所に対する地元の方々を始めとする皆様方からの信頼回復に向けて、全力を傾注して参ります。

 エネルギー資源に乏しいわが国において、将来にわたり安定してエネルギーを確保していくために、原子力発電とウラン資源を有効利用するプルサーマルは必要であると考えております。当社は、プルサーマルにつきまして引き続き地道な理解活動を行っていく所存です。

以  上

別紙

プルサーマル推進に向けた取組状況

2001年8月~11月の主な活動実績は以下のとおりです。

(1)原子力施設見学会の実施

  • ○ 2001年10月~11月の見学者数
    • ・原子力施設見学者数                     [約10,100人]
    • ・浜岡原子力館フルアテンド見学者数            [約 1,800人]

(2)双方向コミュニケーションの強化

  • ○ 浜岡町をはじめとした地元の方々への訪問対話活動の実施(毎年春秋に実施)
  •                                      [約4,800世帯]
  • ○ 各種団体・企業等への出前説明会の実施        [約2,700回、約9,300人]  
  • ○ ホームページのプルサーマル掲載内容の充実(9月) [アクセス数 約3,700件]

(3)次世代層へのエネルギー教育支援活動の強化

  • ○ 小中高校生を対象とした出前教室等の実施      
  •                                     [77回 対象人数 約2,200人]  
  • ○ PR展示施設(浜岡原子力館、川越電力館テラ46、でんきの科学館、へきなんたんトピア)にて、エネルギーに関するクイズラリー、実験、工作教室などのイベントを開催      
  •                                     [参加者数 約84,000人]

(4)その他

  • ○ 浜岡町をはじめとした地元5町各戸への新聞折り込みチラシの配布(9月、10月)
  •                                     [約26,000部]  
  • ○ プルサーマルパンフレットのリニューアル及びエネルギー情勢説明チラシの作成(10月)  
  • ○ プルサーマルビデオ「アトム寄席」の制作(10月)  
  • ○ 女性向け広報誌「アンシャンテ」などへのプルサーマル関連記事の掲載(10月)  
  • ○ PR展示施設や各事業場にプルサーマル説明パネルの設置(9月~10月)

以  上