プレスリリース バックナンバー(2002年)

平成15年度採用計画について

平成14年3月19日
中部電力株式会社

1.採用計画数  合計120名


  1. (1)平成15年度定期採用数 115名

(名)

  事   務 技   術 合   計
大  学
(大学院含む)
55
( 39)
45
( 46)
100
( 85)
高  専 15
( 31)
15
( 31)
高  校
(短大含む)

( 18)

( 24)

( 42)
合  計 55
( 57)
60
(101)
115
(158)
  • ( )内の数値は、平成14年度定期採用予定数

  • (2)平成14年度随時採用数 5名

2.採用計画の特徴

過去最少の採用数

 平成6年度以降採用数を抑制してきた結果、平成13年度には、過去最少であった昭和43年度を下回る採用数となった。平成15年度については、更に採用数を絞り込み、3年連続で過去最少を下回る120名とした。

<参考:採用数の推移>                         (名)

昭和43年度 平成10年度 平成11年度 平成12年度 平成13年度 平成14年度 平成15年度
184 333 276 216 164 163 120
  • 平成14・15年度は随時採用各5名を含む

大学院・大学・高専に限定した採用

 平成17年度末の社員数を16,600人程度にスリム化することを目指し、過去最少の120名の採用とすることに加え、自由化・新規事業分野を強化する必要性から、平成17年度まで短大・高校採用を凍結する。


初の事務系大学院卒採用等

 新規事業評価、コンプライアンス強化のため、大学院(経営・法律)卒業者を採用する。また、建築、電気、機械、数理工学科等の卒業者を採用し、エネルギーソリューション、技術コンサルティング等の分野を強化する。


随時採用

 国際事業、新規事業、情報通信等の分野を強化するため、5名程度採用する。
 有期契約社員または社員とし、有期契約社員の場合、賃金は年俸制とする。

以  上