プレスリリース バックナンバー(2002年)

浜岡原子力発電所2号機の発電再開について

平成14年5月24日
中部電力株式会社

 浜岡原子力発電所2号機(沸騰水型、定格出力84万kW)は、平成13年11月14日より発電を自主的に停止して、各種機器の点検等を実施してきましたが、すべて終了し起動準備が整ったことから、本日午後、原子炉を起動し、一両日中にも発電を再開する予定です。

以上

(参考)

1.2号機停止中の主な点検項目(4月24日報告・公表済)

(1) 運転データの確認

過去3サイクルの運転データ確認

(2) 機器や系統の点検

各種機器の外観点検、原子炉格納容器内の機器等の動作確認

(3) 耐震チェック

建物・構築物耐震壁のコンクリート強度確認試験
設備の支持構造物の打診試験、配管の肉厚測定 等

2.2号機における1号機事故への対応(4月24日報告・公表済)

(1) 余熱除去系蒸気凝縮系配管破断

  1. ア.配管、弁、支持構造物の点検と施工記録等の再確認
  2. イ.水素蓄積の防止のため、蒸気凝縮系配管分岐部に仕切弁設置
  3. (この他に、原子力安全・保安院の指示に基づき水素の蓄積防止を行う箇所はない。)

(2) 制御棒駆動機構ハウジング貫通部からの漏えい

  1. ア.全137体スタブチューブ下部溶接部の水中テレビカメラによる点検
  2. イ.原子炉格納容器内の漏えい監視方法の改善を図るとともに、原子炉圧力容器下部に露点温度測定点を移設

3.1号機事故の原因と対策の地域の方々への説明等

(1) 全戸訪問の実施

浜岡町、御前崎町、相良町、小笠町、大東町の約29,000戸

(2) 説明会の開催

浜岡原子力発電所安全等対策協議会
議会全員協議会等(浜岡町はじめ県内各市町村)
浜岡町内会長会をはじめ県内各市町村の自治会および各種団体 他

(3) その他

新聞広告、新聞への折り込み、テレビCM、ラジオCM 等

以上