プレスリリース バックナンバー(2002年)

浜岡原子力発電所のアクシデントマネジメント整備報告書及びアクシデントマネジメント整備有効性評価報告書の提出について

平成14年5月29日
中部電力株式会社

 当社は、本日、浜岡原子力発電所のアクシデントマネジメント整備報告書、並びにアクシデントマネジメント整備有効性評価報告書をとりまとめ、経済産業省へ提出しました。  アクシデントマネジメントは、既に十分な原子炉施設の安全性を念には念を入れて更に向上させることを目的として、電力自主保安の立場から整備を行ってきたものですが、この度当社の浜岡原子力発電所においてアクシデントマネジメントの整備を完了したことから、その整備内容をとりまとめた「浜岡原子力発電所のアクシデントマネジメント整備報告書」及び整備したアクシデントマネジメントの有効性を定量的に評価した「アクシデントマネジメント整備有効性評価報告書」を提出したものです。  上記報告書の概要は、以下に示すとおりです。

(1) アクシデントマネジメント整備報告書

 本報告書は、平成6年3月にとりまとめたアクシデントマネジメント検討報告書において摘出したアクシデントマネジメント策の整備に加え、実施体制、手順書類、教育等の運用面の整備が完了したことから、その整備内容をとりまとめたものです。

(2) アクシデントマネジメント整備有効性評価報告書

 本報告書は、今回整備したアクシデントマネジメント策の有効性を定量的に確認するため、炉型ごとの代表炉(BWR-2/3、BWR-4、BWR-5、ABWR)を対象にアクシデントマネジメント策を考慮した確率論的安全評価を実施し、また、プラント固有のアクシデントマネジメント策を整備したプラントについては個別に評価を実施し、その結果をとりまとめたものです。

 今後とも、このような活動を通して原子力発電所の安全性に対する社会のより一層のご理解と信頼を得られるよう、継続して努力していきたいと考えております。

以  上

(別紙)

浜岡原子力発電所のアクシデントマネジメント整備報告書及び
アクシデントマネジメント整備有効性評価報告書の概要

1.浜岡原子力発電所のアクシデントマネジメント整備報告書の概要

 浜岡原子力発電所のアクシデントマネジメント整備報告書は、平成6年3月にとりまとめた浜岡原子力発電所1~4号炉のアクシデントマネジメント検討報告書において摘出したアクシデントマネジメント策の整備に加え、実施体制、手順書類、教育等の運用面の整備が完了したことから、その整備内容をとりまとめたものです。
 アクシデントマネジメント整備報告書の概要は、以下に示すとおりです。

(1) アクシデントマネジメント策の整備

 平成6年3月にとりまとめたアクシデントマネジメント検討報告書では、シビアアクシデント研究及び確率論的安全評価の実施等により得られた知見に基づき、既存の設備を最大限に活用することを考慮したうえでアクシデントマネジメント策を摘出しました。今回、これらのアクシデントマネジメント策について、各原子炉施設における系統構成上の特徴を踏まえ、炉心及び格納容器の健全性を維持するための機能を更に向上させるものとして、「原子炉停止機能」、「原子炉及び格納容器への注水機能」、「格納容器からの除熱機能」及び「安全機能のサポート機能」それぞれの機能ごとに有効な方策について手順化を行うとともに、必要に応じて設備改造を実施しました。また、これらの設備が既存の安全機能に悪影響を与えないことを確認しました。

(2) アクシデントマネジメントの実施体制の整備

 アクシデントマネジメントの実施が必要な状況においては、プラントパラメータ等各種情報の収集、分析、評価を行い、プラント状態を把握し、実施すべきアクシデントマネジメント策を総合的に検討、判断することが重要です。また、適宜、外部との連絡、情報交換を行い、必要に応じて助言等を受けることとなります。これらを確実に実施できる体制を整えるという観点から、既存の組織との整合性を踏まえたうえで、実際に対応操作を行う中央制御室の運転員とは別に、適切な対応操作に関する検討や情報の一元管理等を行う支援組織を定めました。また、各組織の役割分担や責任者を明確に定めるとともに、支援組織が円滑に活動を行うための施設、設備類等の整備状況の確認を実施しました。

(3) アクシデントマネジメントの手順書類の整備

 設計で想定した範囲を超える事象においては、安全系機器や計測器類の多重故障が生じていることが想定されます。また、事象の進展シナリオをあらかじめ特定することは困難です。このため、限られた時間の中でプラント状態を把握し、操作を実施することによるプラントへの影響等を考慮しつつ総合的にアクシデントマネジメント策を選択できるようにするため、判断方法や影響予測等について体系的に整理された手順書類が必要となります。
 これらの点に留意して、運転員及び支援組織がアクシデントマネジメント策に関する迅速かつ適切な選択を行い、運転員が対応操作を実施できるよう、それぞれの役割及び事象の進展状況に応じた手順書類の整備を実施しました。

(4) アクシデントマネジメントに関する教育等の実施

 アクシデントマネジメントを適切に実施するには、アクシデントマネジメントの実施組織の総力をあげて対応する必要があることから、運転員及び支援組織の要員はシビアアクシデントやアクシデントマネジメントに関する知識を十分に備えている必要があり、また、運転員は手順書類に基づいた的確な対応操作を実施する必要があります。このため、運転員及び支援組織の要員を対象として、それぞれの役割に応じた適切な教育等を定期的に実施しております。

2.アクシデントマネジメント整備有効性評価報告書の概要

 本報告書は、今回整備したアクシデントマネジメント策の有効性を定量的に確認するため、炉型ごとの代表炉(BWR-2/3、BWR-4、BWR-5、ABWR)を対象にアクシデントマネジメント策を考慮した確率論的安全評価を実施し、また、代表炉と異なるアクシデントマネジメント策を整備したプラントについては個別に評価を実施し、その結果をとりまとめたものです。
 確率論的安全評価は、原子力プラントの安全性を定量的に評価するために有効な手法であり、プラントで発生する可能性のある異常事象を想定し、その後の事象進展の確率を設備構成や故障率等をもとに推定、評価するものです。
 評価の結果、アクシデントマネジメント策の整備によって炉心損傷頻度はBWR2/3代表炉で約6割、BWR4代表炉で約7割、BWR5代表炉で約9割、ABWR代表炉で約4割低減され、格納容器破損頻度についてはいずれの代表炉においても9割以上低減されていることを確認しました。
 また、代表炉と異なるアクシデントマネジメント策を整備したプラントについては、個別に当該アクシデントマネジメント策について評価を実施する等の方法によって、その有効性を定量的に確認しました。
 以上の評価により、我が国で現在運転されている全てのBWRプラントについて、アクシデントマネジメント策の整備によって炉心損傷頻度、格納容器破損頻度が共に適切に低減されており、これらの対策がプラントの安全性向上に対して有効なものとなっていることを確認しました。

* 浜岡原子力発電所には、BWR2/3及びABWRは設置されておりません。なお、建設中の5号炉は、ABWRです。

以  上

参考:浜岡原子力発電所のアクシデントマネジメント整備報告の概要について