プレスリリース バックナンバー(2002年)

地域と取り組む環境月間 ~ 緑ある豊かな地域づくりに向けて ~

平成14年5月30日
中部電力株式会社

 6月1日からの1カ月間は環境月間です。
 今年度は、「見直そう今までの暮らし 考えようこれからの暮らし」を全国統一テーマとし、各地で多彩な行事が行われます。
 当社では「エネルギー産業に携わるものとして自らを律して行動するとともに地域や世界と連携しながら地球環境の保全に努める」との理念に基づき、6月の環境月間期間中に下記のとおり、諸行事を展開します。
 これらの諸行事では、お客さまと「環境とエネルギー」に関するコミュニケーションを深め、ともに行動することにより、従業員の環境意識の一層の向上と、お客さまに当社の環境保全への姿勢を知っていただくことを目的としております。

<主な実施行事>

1 お客さま参加の植樹、苗木の配布

 緑ある豊かな地域づくりを支援し、地球温暖化防止の一助とすることを目的に、一般のお客さまに参加していただける植樹を実施するほか、苗木を配布いたします。

(1)お客さま参加の植樹

 愛知県額田郡幸田町の「幸田中央公園植樹祭」において6月1日、地域のお客さま(約200名)に参加していただき苗木1,000本を植樹いたします。

(2)苗木の配布

 学校、公園、福祉施設等の公共施設に約15,000本の苗木を配布いたします。
 当社では、昭和60年度から苗木の配布を実施しており、今年度で17年目を迎えます。これまでの16年間に配布した苗木の本数は、累計約22万本に達し、地域のオアシスとして、また環境教育の実践の場として、配布先で大切に育てられています。
 当社は今後とも苗木の配布を積極的に行っていき、2005年度累計28万本を目標に、緑ある豊かな地域づくりを支援してまいります。

2 お客さまとの対話活動

 「お客さま謝恩キャンペーン」にあわせ、お客さまとお話をする機会に、「中部電力環境宣言21」に基づいた当社の環境保全の取り組みをPRいたします。

3 環境美化活動

 海浜、河川、公園等の公共施設など地域の環境美化活動を展開いたします。

4 省資源・省エネルギー活動

 節電、節水、緑のカーテン利用、エコ・グリーンマーク商品の購入など、省資源・省エネルギーにつながる活動を推進いたします。

以上