プレスリリース バックナンバー(2002年)

電気料金に係わる各種割引制度の適用漏れについて

平成14年6月5日
中部電力株式会社

 当社では、過日の停電割引処理漏れや通電制御型電気温水器割引の適用漏れが判明して以降、社内におきまして徹底的な業務の再点検を実施しております。

 このたび、経済産業省からの指示に基づき、電気温水器に係わる割引については平成13年度申込分を、その他の割引メニューについては平成13年度契約分をそれぞれ対象に、申込内容が適切に電気料金へ反映されているかを調査いたしました。

 その結果、通電制御型電気温水器割引につきまして、新たに適用漏れが判明し、それ以外の割引メニューにつきましても適用漏れ等が判明いたしました。

 ご迷惑をおかけいたしましたお客さまには、深くお詫び申しあげるとともに早急に適正な料金の確定を行い、精算させていただきます。

 度重なる業務処理のミスにより、当社への信用・信頼を裏切る結果となり、多くのお客さまにご迷惑をおかけいたしましたことを重ねてお詫び申しあげます。

 今回判明いたしました割引適用漏れ等の原因につきましては、お客さまからお申込みいただいた内容に対する審査・チェックが十分でなかったことや、機械登録上のミスがあげられます。

 当社といたしましては、引き続き徹底的な業務の再点検を行うとともに、業務の処理方法・チェック体制の改善、機械化、帳票類の見直し、社員教育・業務点検の充実など、再発防止に向けた取り組みを実施いたしますので、ご理解賜りますようお願い申しあげます。

以  上


 資 料 

各種割引制度の適用漏れ状況

(単位:件)
割引制度 調査対象 適用漏れ 算定誤り
通電制御型電気温水器割引 30,849 42 0
5時間通電機器割引 22,264 1 0
全電化住宅割引 10,329 54 0
蓄熱調整契約の割引 4,312 1 7
計画調整契約の割引) 700 0 1

  • (注1)通電制御型電気温水器割引の調査対象は、3時間帯別電灯・時間帯別電灯・低圧深夜電
       力等
  • (注2)5時間通電機器割引の調査対象は、3時間帯別電灯・時間帯別電灯
  • (注3)全電化住宅割引の調査対象は、3時間帯別電灯

[ 参 考 ]

[ 参 考 ]

「通電制御型電気温水器割引」とは

◇ 通電制御型電気温水器割引とは

 季節によって変化する給水温度や日によって変化するお湯の使用量に応じて通電時間を自動制御して、23時以降に開始時刻を自動設定し、7時に沸き上がるようにお湯を沸かす通電制御型タイプの温水器をお使いいただく場合に、電気料金を割引させていただく制度です。
 割引額については、ご契約の種類によって、割引対象額に定率を乗じるものと、該当機器の総容量に割引単価を乗じるものがあります。


◇ 通電制御型電気温水器割引額

□ 低圧深夜電力Bの場合

 通電制御型電気温水器割引額 = (基本料金+電力量料金)×15%
            〔燃料費調整額、消費税等相当額を除きます。〕

□ 時間帯別電灯・3時間帯別電灯の場合

 通電制御型電気温水器割引額 = 該当機器の総容量(kVA) × 割引単価

[ 参 考 ]

「5時間通電機器割引」とは

◇ 5時間通電機器割引とは

 時間帯別電灯および3時間帯別電灯(Eライフプラン)のお客さまで、電気の使用が最も少ない時間帯である午前1時~6時の間に限って使用する、電気温水器等の夜間蓄熱型機器をお使いいただく場合に、機器の容量に応じて電気料金を割引させていただく制度です。
 ご使用に際しては、午前1時~6時に通電するタイムスイッチを設置いたします。


◇ 5時間通電機器割引額

  5時間通電機器割引額=5時間通電機器の総容量(kVA) × 割引単価

[ 参 考 ]

「全電化住宅割引」とは

◇ 全電化住宅割引(オール電化割引)とは

 一般ご家庭向けの負荷平準化メニューとして、平成12年10月にご用意させていただきました「3時間帯別電灯(Eライフプラン)」にご加入され、お使いになられる熱源(給湯、厨房、冷暖房等)をすべて電気でまかなわれる場合に、お客さまの電気料金を5%割引させていただく制度です。(上限額2,000円/月)

注) 3時間帯別電灯(Eライフプラン)の概要
 従前より負荷平準化メニューとしてご利用いただいている時間帯別電灯の昼間時間帯(午前7時~午後11時)を細分化し、平日の朝晩(午前7時~9時、午後5時~11時)および日祝日の軽負荷時間(午前7時~午後11時)を(アット)ホームタイムとして設定したものです。
 (アット)ホームタイム料金は、時間帯別電灯の昼間料金より低位な料金を設定しておりますので、電気の使用方法を工夫していただき、ナイトタイムや(アット)ホームタイムのご使用比率を高めていただくことによって、お得となるメニューです。


◇ 全電化住宅割引額

 通電制御タイプ温水器をご使用の場合

  全電化住宅割引額=(基本料金+電力量料金-通電制御型電気温水器割引額)×5%
                          〔上限 2,000円/月〕

[ 参 考 ]

「蓄熱調整契約」とは

◇ 蓄熱調整契約とは

 蓄熱調整契約とは、お客さまが昼間にご使用になる空調等の冷温熱を事前に夜間に水や氷の形で蓄熱槽等に蓄えることにより、本来昼間にご使用される電気を夜間へ移行していただいた場合に、この移行電力量に対して割安な料金を適用させていただく制度です。
 蓄熱調整契約には、低圧受電のお客さま向けの「低圧蓄熱調整契約」ならびに高圧受電のお客さま向けの「業務用蓄熱調整契約」・「産業用蓄熱調整契約」の3種類があります。


◇ 蓄熱割引額

 蓄熱割引額= その1月の蓄熱電力量 ×(主契約の電力量料金単価-割引基準単価)

 

◇ 計画調整契約とは

 契約電力500kW以上の大口お客さまを対象とした選択型メニューで、夏季の重負荷期において、計画的なお客さまの負荷移行等により、電力設備の効率的運用を図ることを目的としている契約です。
 計画調整契約には、工場などの産業用のお客さまを対象とした、「夏季休日契約」・「夏季操業調整契約」や工場・事務所ビルなど産業用・業務用のお客さまを対象とした「ピーク時間調整契約」があり、お客さまとの協議が整った場合に契約をいたします。


◇ 割引額

 割 引 額 = 実績調整量 × 割引単価