プレスリリース バックナンバー(2002年)

浜岡原子力発電所2号機 余熱除去系低圧注入管第2隔離弁ドレン配管溶接部からの漏えいの原因と当該部の対策について

平成14年6月20日
中部電力株式会社

 平成14年5月25日に発生した浜岡原子力発電所2号機の余熱除去系低圧注入管第2隔離弁(B)のドレン配管(水抜き配管)溶接部からの漏えいについて、これまで原因の調査および当該部の対策について検討を実施して参りましたが、これらの結果がまとまりましたのでお知らせいたします。

1.原因について

 調査の結果、当該溶接部の下端部に水抜き配管を貫通する割れが認められました。また、割れには疲労割れの特徴を示す破面が観察されました。
 この割れ発生の原因は、原子炉停止中において限られた場合に使用する余熱除去系両系注入運転(*)を行った際の低圧注入管の振動に当該水抜き配管が共振したこと、また、当該部は振動の際に力が集中しやすい形状になっていたことから、当該部に疲労割れを発生させうる力が繰り返し加わったことによって生じたものと推定いたしました。

(*)両系注入運転

 1台のポンプにより、A、B両系統の配管を経由して原子炉に注水する運転。原子炉起動前等に昇温する際に原子炉の温度をできるだけ均一にする時に使用する運転方法です。

2.当該部の対策について

 上記の原因を踏まえて、当該水抜き配管について、以下の対策を実施いたします。なお、A系についても同様の対策を行うことといたします。

  1. (1)配管ルート(経路)やサポート(支持金具)の取付位置の変更等により、溶接部に加
      わる力の低減を図ります。
  2. (2)当該部を機械加工した上で、溶接を突合せ溶接にすることにより、疲労割れに対して
      強い形状にいたします。

 なお、類似箇所の選定・対策については引き続き検討しており、結果がまとまり次第お知らせいたします。
 また、9月に予定していた定期検査を早めて開始することとし、各種の機器・設備の点検も実施してまいります。

以上