プレスリリース バックナンバー(2002年)

カンボディア国電力技術基準及びガイドライン整備計画調査に関するコンサルタント業務の受託について

平成14年11月21日
電源開発株式会社
中部電力株式会社

 電源開発(株)及び中部電力(株)の共同企業体はこの度、国際協力事業団(以下「JICA」という)より、カンボディア国電力技術基準及びガイドライン整備計画調査に関するコンサルタント業務を受託いたしました。

 本調査は、カンボディア政府の要請に応えて、電力設備に関する技術基準の作成とそれを補完するガイドラインの作成を行い、開発調査を通じカンボディアの電力技術者への技術移転を図るものであります。
 さらに、この調査を通じて収集した資料を基に、カンボディアの電力セクターの現状分析、解決すべき課題の発掘、将来展望、政策提言を行います。
 電源開発としては、本受注はこれまでの主流であったプロジェクト開発型とは異なる本格的な知的支援型業務であり、本件調査の受注を契機に今後、このようなソフト提供型の分野にも積極的に取組んでまいります。
 中部電力としても、電気事業経営、民間投資活用、人材育成などの知的支援に関するコンサルティングはこれまでも進めており、今後とも積極的に進めてまいります。

1 本調査実施の背景

 カンボディア国は、長期の内戦終了後、各ドナーの支援により、破壊、放置されていた電力供給施設をリハビリしてきました。
 しかし、近年の急速な経済の復興、発展に伴い電力需要が急増しており、さらに電力供給システムがきわめて脆弱であるため、電力供給信頼度・安定度は極めて低い状況です。  このような状況を改善するため、カンボディア国は民間セクターに電力事業に積極的に参入させることを目指し、世界銀行の支援を得て2001年2月に電気事業法を発効させました。さらに同法に基づき、電気事業者に対し事業免許を与えるカンボディア電力庁(EAC)が設立され、業務(既存の事業者に対する免許の交付)が開始されています。
 こうした動向を踏まえ、JICAは2002年3月にプロジェクト形成基礎調査団を、2002年6月に予備調査団を派遣して、本調査実施の妥当性を確認しました。  JICAはこれらの調査結果を踏まえて本年9月に調査実施に関するコンサルタント選定のための入札を行い、中部電力(株)は電源開発(株)と共同企業体を組み応札したところ、第一位に指名されました。今般、諸条件で合意に至ったことから受注の運びとなったものです。

2 本調査の概要

(1) 調査名

カンボディア国電力技術基準及びガイドライン整備計画調査

(2) 調査対象地域

カンボディア全土

(3) 実施期間

平成14年11月~平成16年1月(15ケ月間)

(4) 主な調査内容

  1. ① 電力設備等の現状、電力センターの将来ビジョン等にかかるレビュー及び電力供給サービスの技術的事項にかかる目標設定
  2. ② 電力技術基準案及びガイドライン案の作成
  3. ③ 電力技術基準を施行するために必要な政策提言の策定
  4. ④ 電力技術基準案及びガイドライン案のクメール語への翻訳

以上