プレスリリース バックナンバー(2002年)

浜岡原子力発電所 点検・保守管理の再確認の状況について

平成14年12月11日
中部電力株式会社

浜岡原子力発電所の点検・保守管理の再確認を実施してまいりましたが、2号機につきまして停止中に行う追加点検を終了いたしましたので、お知らせいたします。
また、本日、原子力安全・保安院に報告いたしました。

以上

(別紙 参照)

1  停止中に行う追加点検の結果

(1) 本年5月に発生した小口径配管の疲労割れ対策として、2号機における類似箇所(43箇所)及び信頼性向上のための対策箇所(約3,500箇所)の点検・評価を行い、必要な工事を終了しました。
(2) 1,2号機を対象に実施した以下の追加点検を終了し、従来の点検・保守管理は妥当であることを確認しました。
○ 配管の減肉に関して、従来点検対象でなかった箇所の肉厚測定
○ 絶縁劣化に関して、低圧ケーブルの絶縁材種類毎の絶縁性能確認
○ 分解点検までは実施していなかった配管接合部の分解点検

2  点検・保守管理を充実させるための取り組み

 プラントメーカーによる点検・保守活動のレビュー及び品質保証グループによる特別監査の結果、従来の点検・保守管理に問題のないことを確認しました。

以上