プレスリリース バックナンバー(2003年)

国際学会における石橋教授の発言について

平成15年7月8日
中部電力株式会社

 7月8日付けの中日新聞、日本経済新聞等で、石橋克彦・神戸大学教授が浜岡原子力発電所について、「最も危険なのは、東海地震の想定震源域の真上にある浜岡原発だ」、「交通網の遮断で、原発事故の救助復旧活動さえできなくなる。日本にとって致命的で、全地球規模の災害となる」と述べ、浜岡原発の危険性を警告したとの報道がありました。

 新聞報道によりますと、石橋教授は、7日、札幌市で開かれている国際測地学・地球物理学連合総会において、「最も危険なのは、東海地震の想定震源域の真上にある浜岡原発だ」、「東海地震が起きると浜岡原発を5~10mの津波が襲い、地殻が1m隆起する」、「交通網の遮断で、原発事故の救助復旧活動さえできなくなる。日本にとって致命的で、全地球規模の災害となる」、「地盤も軟らかい」、「核施設の耐震設計の基準は、現代地震科学から見て古めかしく、不十分だ」と講演し、さらに「原発震災が起こる可能性を認め、客観的なリスク評価をする必要がある」と発言されたとされています。

 以下に当社の見解を示します。

浜岡原子力発電所は、「東海地震を上回る、M8.4の安政東海地震」、さらにこれを上回る「M8.5の限界地震」に対しても耐震安全性が確保されております。
東海地震時の津波の高さについては、中央防災会議の検討結果によれば、浜岡周辺で6~7m程度と評価されています。これに対して、敷地地盤の高さは6~8mであり、更に敷地前面には高さ10~15mの砂丘があること、安全上重要な施設を収容している原子炉建屋の出入り口には、防水扉等を設置していること等により、津波に対する安全性も確保されております。
地震時に想定される地盤の隆起については、広範囲にわたるため、浜岡原子力発電所の敷地に生じる傾斜はなだらかで、傾斜量も十分小さいと考えられることから、原子力発電所の安全性に影響を与えるものではありません。
浜岡原子力発電所の重要な構造物は相良層と呼ばれる岩盤上に直接設置されております。この岩盤は、地震時にも、建屋等の荷重に対して十分な強度と安定性を有し、健全であることが各種試験等により確認されております。
これらの浜岡原子力発電所の耐震安全性については、国による安全審査において、多くの学識経験者を含めた審査により確認されております。
なお、東海地震については、国の中央防災会議が、最新の地震学的知見に基づいて想定震源域を見直し、地震動を計算しております。当社は、浜岡原子力発電所について、この地震動を用いて耐震安全上問題のないことを確認し、国に報告しております。
さらに、原子炉を自動的に停止させる地震感知装置を設置しており、地震時にも安全が確保できる設計となっております。

 したがって、浜岡原子力発電所の東海地震に対する耐震安全性は十分確保されており、石橋教授の指摘するような『原発震災』が発生することはないと考えております。
参考資料はこちら

原子力発電所の耐震対策

以上