プレスリリース バックナンバー(2004年)

浜岡原子力発電所2号機タービン建屋屋上における火災に関する原因と対策について

平成16年3月30日
中部電力株式会社

 浜岡原子力発電所2号機(定格電気出力84万kW)は、定期点検のため原子炉を停止し、原子炉冷却操作中のところ、2月21日11時34分頃、タービン建屋屋上より炎および煙が上がっているのを、当社従業員が発見しました。直ちに現場を確認したところ、発電機水素ガス排出配管出口付近より、炎および煙があるのを確認するとともに、消火器により消火しました。
 なお、この事象による外部への放射能の影響はありませんでした。

(平成16年2月21日公表)

 これまで原因の調査及び対策の検討を実施して参りましたが、これらの結果を取りまとめましたのでお知らせします。
 火災の原因は、水素排出配管から放出された帯電した鉄錆により、この付近の非接地金属が蓄電し、そこで発生した微小放電が着火源となり排出中の水素が燃焼、壁面の防水塗装等の可燃物に燃え移ったものと推定しました。

 このため対策として、非接地金属の蓄電および放電を防止するため、排出配管の周辺金属物については、撤去または確実に接地するとともに、可燃物がない方向に吹き出すよう、水素排出配管の排出口の向きを変更することといたします。

(詳細は別紙をご参照ください)

以上


(参考-1)

浜岡原子力発電所 主発電機水素排出配管の設置状況

号機 浜岡1号機 浜岡2号機 浜岡3号機 浜岡4号機 浜岡5号機
配管径 50A 50A 80A 80A 100A
配管材料
(屋内)
炭素鋼 炭素鋼 炭素鋼 ステンレス ステンレス
配管材料
(屋外)
炭素鋼 ステンレス ステンレス ステンレス ステンレス
配管の
排出方向※
×下向き
(床が可燃物であるアスファルト張り)
×横向き
(可燃物である防水塗料が塗布されている外壁あり)
×横向き
(可燃物である防水塗料が塗布されている外壁あり)
○横向き
(外壁なし)
○横向き
(外壁なし)
接地状況※
放出管は接地
周辺の金属物のうち、壁付リング等が接地されていない

放出管は接地
周辺の金属物のうち、壁付リング等が接地されていない

放出管は接地
周辺の金属物は全て接地されている。

放出管は接地
周辺の金属物は全て接地されている。

放出管は接地
周辺の金属物は全て接地されている。

(JEACへの適合性:○適合、△一部不適合、×不適合)

※:

  • ◇ これらの項目に関して、JEAC((社)日本電気協会 電気技術規程 火力編(JEAC3718-1991))では、以下のような防火対策が示されています。
    • ・ 放出管及びその周辺の金属構造物に静電気が蓄積しないよう、これらを接地しなければならない。
    • ・ 放出口の向きは可燃物のない方向としなければならない。
  • ◇ 対策として1,3号機については、2号機と同様に排出方向を横向きから上向きに変更します。 また、1号機については、2号機と同様に、壁付リングについては撤去し、他の接地されていない金属物については確実に接地することとします

(参考-2)

資料中の用語について

壁付フック・リング : 作業時の安全器具の取付に用いるために設置
棟上導体 : 建屋の縁に沿って張ってある建物全体の避雷のための接地(アース)された導線。 (避雷針と同じ働き)
避雷装置 : 排出配管の避雷のために配管を囲むように設けてある導体による骨組み。
下部水切り : 壁を伝ってきた雨水が、防水加工の境目から建物内に浸入することを防ぐ(水を切る)ために設置。
帯電 : 物が電荷を持つこと、または持った状態。
接地(アース) : 地面(0V)と電気的につなげることで、接地された部位の電位は常に0Vとなる。
放電 : 帯電した物が、外部に電荷を放出して(電流を流して)エネルギーを失うこと。