プレスリリース バックナンバー(2004年)

浜岡原子力発電所5号機の発電開始について

平成16年4月30日
中部電力株式会社

 試験運転中の浜岡原子力発電所5号機(改良型沸騰水型・出力138万キロワット)は、本日、11時03分に発電機を送電系統に連けいし、試験運転段階での発電を開始しましたのでお知らせします。

 5号機は、平成11年3月に着工して以来、平成16年2月28日に燃料装荷が終了し、3月23日には原子炉が初臨界となりました。今後、出力を段階的に上昇させながら、各出力段階において各種試験や検査を行い、平成17年1月に、営業運転を開始する予定です。

以上


参 考 資 料

浜岡原子力発電所5号機の発電開始について

 本日の発電開始以降は、発生した電力を50万V送電線に連けいし、電気出力を20%、50%、75%、100%と段階的に上昇させながら、発電所が安全かつ安定的に運転できることを確認するため、各種試験・検査を行ってまいります。
  なお、5号機建設工事の総合進捗率は94.8%(3月末現在)です。

1.5号機の発電機の仕様

(1) 電気出力 :

138万kW
(注) 一般家庭(全ての家庭が、35A、100Vで一斉に電気を使用した場合)約40万世帯をまかなうことができる出力

(2) 発電機の仕様 :

型式 3相同期発電機
回転数 1,800回転/分
冷却方式  固定子 水直接および水素間接*
        回転子 水素直接*
大きさ 長さ約18m,高さ約7m,幅約8m
総重量 790t

* 浜岡2号機水素放出中におけるタービン建屋屋上での火災対策について 5号機では、JEAC(社団法人 日本電気協会 電気技術規程 火力編(JEAC3718-1991))で示されている防火対策を考慮した設計がおこなわれております。

  • ・放出管及びその周辺の金属構造物に静電気が蓄積しないようこれらを接地すること
  • ・放出口の向きは可燃物のない方向とすること

2.これまでの経緯および今後の予定について

平成  5年 12月 13日  5号機増設申し入れ
平成  9年  4月 15日  5号機増設に関する国への許可申請
平成 10年 12月 25日  5号増設の許可
平成 11年  3月 19日  着工
平成 14年  7月 12日  原子炉圧力容器据え付け
平成 16年  2月 19日  燃料装荷開始
平成 16年  2月 28日  燃料装荷終了
平成 16年  3月 23日  原子炉初臨界
平成 16年  3月 24日  臨界式
平成 16年  3月 29日  原子炉初起動
--------------------------------------------------------------------------------
平成 16年  7月 下旬  定格電気出力到達 予定
平成 16年 12月 頃  定格熱出力一定運転開始 予定
平成 17年  1月  営業運転開始 予定

なお、各種試験・検査の状況等については、ホームページ等で都度お知らせしていきます。

以上