プレスリリース バックナンバー(2004年)

平成16年度に海外から返還される「ガラス固化体」の変更について

平成16年8月5日
中部電力株式会社

 当社は今年度、返還ガラス固化体22本を仏国から青森県六ヶ所村にある日本原燃株式会社の廃棄物管理施設に搬入する予定です。(7月28日お知らせ済み)

 現在、仏国において、当該ガラス固化体の輸送前検査を実施していますが、8月検査対象12本のうち1本のガラス固化体底部に、ポリ袋と見られる付着物が確認されました。このため、この固化体については予備のものに変更して返還を受けることとしましたので、お知らせいたします。

 なお、予備のガラス固化体の放射能濃度、重量等のデータは、7月28日公表のプレス文に示す別紙の記載数値範囲内であるため、その内容については変更ありません。
 また、返還対象である残り10本のガラス固化体の検査は、9月以降に実施いたします。

参考:「平成16年度に海外から返還される『ガラス固化体』について」(平成16年7月28日公表)

以上