プレスリリース バックナンバー(2004年)

原子力発電所および火力発電所の配管減肉管理に関する調査結果の原子力安全・保安院への報告について

平成16年8月18日
中部電力株式会社

 当社は、関西電力株式会社美浜発電所3号機2次系配管破損事故に伴い、今月11日、原子力安全・保安院より、自社の原子力発電所および火力発電所に関する配管減肉管理について調査するよう指示を受けました。
 本日、原子力安全・保安院に対し、この調査の結果を報告いたしましたのでお知らせいたします。
 報告概要は以下のとおりです。

1  原子力発電所

浜岡原子力発電所では、社内の定めである「浜岡原子力発電所減肉管理手引」に基づき配管の減肉管理を実施しており、対象範囲に減肉管理未実施の部位はなく、適切に管理が行われていることを確認しました。
別紙1参照

2  火力発電所

当社の火力発電所では、社内の定めである「設備管理標準」に基づき配管の減肉管理を実施しており、対象範囲において、超音波探傷試験により減肉管理を実施していることを確認しました。
別紙2参照

<添付資料>

<参考資料>

配管減肉管理調査対象系統図(浜岡原子力発電所 2号機の例)

以上