プレスリリース バックナンバー(2004年)

電力系統利用協議会ルールに基づく社内ルールの公表について

平成16年12月24日
中部電力株式会社

 一般電気事業者は、系統利用に関する電力系統利用協議会※ルールの定めにより、同ルールと整合がとれた各社ルールを策定し、公表することが求められています。  これを受け、当社は、公平性・透明性確保の観点から、設備形成、系統アクセス、系統運用、情報公表に関するルールを策定し、本日よりお客さま向けホームページ上に公表いたしますのでお知らせいたします。  社内ルールの概要は次のとおりです。なお、このルールは平成17年4月1日からの実施となります。


  区分 ルールの名称 概要
設備
形成
特高 送変電設備拡充計画指針 流通設備形成にあたっての信頼度基準、信頼度などの検討方法、設備規模の考え方、設備形成の前提となる標準的な設備形態など
高圧 配電設備形成指針
系統
アクセス
特高 系統アクセス指針 系統アクセスに係わる申込窓口・業務フロー、申込者に求める情報、検討期間、回答内容、アクセス設備の標準的な形態・規模、技術要件、財産分界点・施工区分など
高圧 配電系統アクセス指針
系統
運用
特高 給電規程 電力系統の運用に係わる、給電指令発受令、平常時・異常時の運用方法、保護継電装置の運用、作業停止の調整、作業停止計画の決定手順および連系線空容量の算定手順など
発受令操作指針
平常時系統運用指針
異常時系統運用指針
電力設備作業取扱指針
保護継電装置等運用指針
需給・託送運用指針
高圧 配電系統運用指針 配電系統の平常時および異常時の運用方法、指令の考え方、作業停止の調整、作業停止計画の決定手順など
情報
公表
情報公表指針 電力系統の利用に資する情報について、公表および情報保護の考え方など

  当社は、これらのルール等を遵守し、電力系統を利用されるすべてのお客さまに対して公平なサービスの提供に努めてまいります。


 
  • ※電力系統利用協議会とは、電気事業分科会報告において、電力系統利用の公平性・透明性の確保を目的として設立が提言された、いわゆる中立機関のことである。その事業内容は、電力系統に関するルールの策定、監視、紛争の斡旋・調停等であり、本年2月に発足し、6月に電気事業法第93条に基づき経済産業大臣から送配電等業務支援機関として指定を受けた。
     また、電力系統利用協議会ルールとは、同協議会が9月に制定した送配電等業務の実施に関する基本的な指針のことである。

以上