プレスリリース バックナンバー(2005年)

ウズベキスタン国タシケント火力発電所近代化事業コンサルタント業務の受注について

平成17年1月17日
電源開発株式会社
中部電力株式会社

 電源開発株式会社(社長=中垣喜彦、以下「Jパワー」)と中部電力株式会社(社長=川口文夫、以下「中部電力」)は共同で、ウズベキスタン国のウズベクエネルゴ電力公社より「タシケント火力発電所近代化事業(円借款事業)」施工監理にかかるコンサルタント業務を受注いたしました。

 本事業は、電力の安定供給、国産天然ガスの効率的利用、環境負荷の軽減を図ることを目的に、ウズベキスタン国の首都タシケント市近郊に位置するタシケント火力発電所(天然ガス、186万kW)内に天然ガス複合火力発電プラント1基(37万kW)を建設するものです。2006年春に建設工事に着手し、2008年冬に運転を開始する予定です。Jパワーおよび中部電力は、技術者をウズベキスタン国へ派遣し、火力発電所建設を円滑に進めてまいります。

 Jパワーは、これまでに59カ国において236件(12月末現在)の海外コンサルティング案件を実施してまいりましたが、本業務は中央アジアにおける初めての施工監理案件となります。同地域では今後市場経済化の進展に伴う電力需要の増加が想定される一方で、旧ソ連時代に建設された発電所の老朽化が進んでいることから、今後、本件を足がかりとした既設発電所の改修や新設等の事業機会の拡大を見込んでおります。

 また、中部電力は、これまでに31カ国において75件(12月末現在)の海外コンサルティング案件を実施してまいりましたが、本業務が初めての本格的な施工監理案件となります。国内の天然ガス複合火力発電設備の建設・運転・保守についての豊富な経験を活かして、ウズベキスタン国の発展に貢献してまいります。

以上


(別紙)


タシケント火力発電所近代化事業の概要

(1) 背 景

 ウズベキスタン国の発電所は、旧ソ連時代に建設されたものが大半であり、老朽化が進んでいます。
 しかしながら、市場経済化の進展に伴う電力需要の増加が見込まれるため、同国にとっては、電力の安定供給が重要課題となっています。

 タシケント火力発電所(12基、合計出力186万kW)は首都タシケント市の近郊に位置し、同国全体の設備容量の約17%を占める重要な発電所ですが、設備の老朽化とプラント効率の低下が深刻な問題となっています。

 本計画は、こうした状況を踏まえ、同火力発電所構内に高効率のガス複合火力発電プラント1基(37万kW)を建設し、タシケントを中心とする地域に安定的な電力供給を可能にするとともに、同国で産出する天然ガスの効率的利用を促し、環境負荷を軽減することが期待されています。なお、新規設備の建設後は既設設備のうち2基の運転が停止される予定となっています。

(2) 事業概要

  • ● 総事業費 : 29,358百万円(うち円借款24,955百万円)
  • ● 事業実施者 : ウズベクエネルゴ電力公社(SJSC UZBEKENERGO)
  • ● 事業の概要 : 37万kWガス複合火力発電プラントの建設
  • ● 工期(予定) : 2006年春工事着手 2008年冬商業運転開始

(3) 受注業務の概要

  1. ア  業務内容 : ウズベクエネルゴ電力公社に対して、以下に関するコンサルタント業務(施工監理)を行います。   ①国際入札、   ②施工監理
  2. イ  業務期間 : 2005年初め~2009年12月(予定)
  3. ウ  契約金額 : 約6億円

(4) ウズベキスタン国の概要

  • ● 首  都 : タシケント
  • ● 人  口 : 約2,400万人
  • ● 面  積 : 約45万平方キロメートル
  • ● 電力需要伸び率 : 2-3%/年
  • ● 電力消費量 : 43,400 GWh/年

(5) 計画地点位置図


タシケント火力発電所現況