プレスリリース バックナンバー(2005年)

「MOTスクール 名古屋校」開講について

平成17年 8月29日
中部電力株式会社
株式会社中電シーティーアイ
株式会社アイさぽーと

 中部電力株式会社(以下、中部電力)の子会社である株式会社中電シーティーアイ(以下、CTI)と大阪ガス株式会社の子会社である株式会社アイさぽーと(以下、アイさぽーと)は、本年11月に「MOT(Management Of Technology:技術経営)スクール 名古屋校ショートプログラム」を中部電力の保有施設である東桜会館にて開講いたします。

 近年、企業経営において適切な技術を見極め、事業に活かせる能力をもつ人材が求められており、技術と経営に精通した経営者・起業家を育成するMOT教育への関心が高まっております。
 また、中部地域は、いわば「モノづくりハートランド(心臓部)」であり、この度、この地域に「モノづくり企業のための経営学」を学ぶ場を提供することで、地域経済の一層の発展に貢献したいと考えております。

 今回の「MOTスクール 名古屋校ショートプログラム」では、MOTスクールのカリキュラム作成・運営等のノウハウを持つアイさぽーとが講義内容等の企画・コーディネートを行い、情報処理システム等の教育訓練の実績を持つCTIが教室運営や教材の準備等を行います。中部電力は、このMOTスクールを東桜会館を通じた地域貢献策の一環と位置付け、積極的に協力支援してまいります。

 このショートプログラムを名古屋地区におけるMOT普及拡大のスタートとして、今後も東桜会館にてMOT関連プログラムを展開していく予定です。

 なお、「MOTスクール 名古屋校ショートプログラム」の概要は別紙のとおりです。

以上

別紙

「MOTスクール 名古屋校ショートプログラム」の概要


期間 2005年11月~2005年12月(11月2日, 11月9日, 11月17日, 11月22日, 11月30日, 12月7日)
場所 東桜会館(名古屋市東区東桜2-6-30)
定員 40名 講義数:2.5時間×6回のコース(18時30分~20時50分)
受講料 126,000円(各回参加の場合26,250円/回)
内容 「MOT概論」「プロジェクトマネジメント」「技術戦略・経営戦略」
「技術戦略ケーススタディ」「ブランドマネジメント」「R&Dマネジメント」
URL http://www.mot-nagoya.jp
特徴
  • (1) アイさぽーとが大阪、東京にて企画・運営するMOTスクール(3年間で延べ 400回にわたる講義開催実績)をベースにプログラム開発
  • (2) 大学・産業界で活躍する第一線の講師陣をラインナップ
  • (3) 主に技術系リーダークラス向けに開発し、受講生のフィードバックにより更なるブラッシュアップを図ったオリジナル教材を使用
  • (4) 「MOTとは何か」を短期間でつかむことができる入門編で、各事業者様におけるMOT導入の参考になるプログラム設計
MOT Management Of Technology(技術経営)
主に技術系のバックグラウンドを持った人材を企業のトップ経営者や起業家に育て上げることを目的とした大学院教育プログラムで、80年代に米国で始まった。今日においては大学院教育という側面を超えて、イノベーションを加速し技術を事業に結びつけることにより、産業・国家の競争力を向上させる活動全体をさす概念としても用いられている。

<会社概要>

〇 株式会社中電シーティーアイ URL: http://www.cti.co.jp
社長 八木 達雄
所在地 名古屋市中村区名駅南1-27-2
資本金 25億円
主な事業内容 ソフトウェア開発、システム保守・運用、情報処理・提供サービス、コンピュータ運転・運用、科学技術計算、電子認証、データセンター、教育訓練事業など
〇 株式会社アイさぽーと URL: 新しいウィンドウが表示されますhttp://www.isupport.jp
社長 乾 俊之
所在地 大阪市中央区平野町4-1-2
資本金 5千万円
主な事業内容 人事・福利厚生サービス支援事業、人材育成・研修事業など

以上