プレスリリース バックナンバー(2005年)

定額電灯契約における原子力立地給付金交付に関する調査結果について

平成17年12月22日
中部電力株式会社

 当社では、財団法人電源地域振興センターから委託を受けて原子力立地給付金交付の手続きを行っておりますが、先般、定額電灯契約のお客さま〈1件:牧之原市(旧相良町)〉において、当社の誤りにより原子力立地給付金の交付が行われていないことが判明いたしました。
 同様の事象がないか、お客さまのご契約を確認したところ、定額電灯契約のお客さま約100件で交付要否の現地調査が必要であることが判明し、これまで調査を実施してまいりました。(平成17年12月1日にお知らせ済み)

 その結果、20件のお客さま(上記牧之原市の1件を含む)で合計約245万円の給付金の交付が行われていないことが判明いたしました。対象となるお客さまには、改めてご連絡のうえ、来年1月末までを目途に精算させていただきます。

 対象となるお客さまをはじめ、地元の皆さまおよび関係する皆さまにご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。

 当社といたしましては、このたびの事態を重く受け止め、再発防止に努めてまいります。



<調査結果>


○調査期間:12月1日~20日

○未交付件数および未交付金額:

旧町名 契約件数 現場調査件数 未交付件数 未交付金額(円)
旧浜岡町 387 21 560,477
旧御前崎町 195
旧相良町 390 47 12 1,438,775
旧小笠町 129 12 231,808
旧大東町 207 11 216,840
合計 1,308 98 20 2,447,900

以上