プレスリリース バックナンバー(2006年)

六ヶ所再処理工場で回収されるプルトニウムの利用計画について

平成18年1月6日
中部電力株式会社

 当社は、平成17年9月13日に「浜岡原子力発電所におけるプルサーマル計画について」を公表しており、海外再処理工場および日本原燃株式会社の六ヶ所再処理工場で回収されるプルトニウムを利用していくこととしています。
 一方、当社が使用済燃料を搬出している六ヶ所再処理工場では、本年2月から使用済燃料を用いたアクティブ試験を開始する計画であり、同試験の開始とともに国内でプルトニウムが回収されることになります。
 この回収されるプルトニウムの利用計画を明確にし、その透明性を確保する観点から、当社分の利用計画を別紙のとおりお知らせします。

 「我が国におけるプルトニウム利用の基本的な考え方について」(平成15年8月5日 原子力委員会決定)においては、六ヶ所再処理工場で回収されるプルトニウムについて、電気事業者が、「プルトニウム利用計画」を公表することとなっております。


別紙
 六ヶ所再処理工場回収プルトニウム利用計画(平成17,18年度)

(ご参考)
 本日、電気事業連合会が六ヶ所再処理工場で回収されるプルトニウムの全電力会社の利用計画を発表しています。

参考資料
 六ヶ所再処理工場で回収されるプルトニウムの利用計画について(平成18年1月6日 電気事業連合会)


以上