プレスリリース バックナンバー(2006年)

参考資料:六ヶ所再処理工場で回収されるプルトニウムの利用計画について

平成18年1月6日
電気事業連合会

 日本原燃の六ヶ所再処理工場は、本年2月から使用済燃料を使用したアクティブ試験を開始する計画であります。同試験の開始とともに、再処理の製品であるプルトニウムが分離されることになりますので、透明性を確保する観点から、その利用に関する各社の計画をとりまとめましたので、別紙のとおりお知らせします。
  原子力委員会が平成15年8月5日に決定した「我が国におけるプルトニウム利用の基本的な考え方について」においては、六ヶ所再処理工場で回収されるプルトニウムについて、電気事業者は、「プルトニウム利用計画」を公表することとなっております。また、平成17年10月11日に原子力委員会決定、同年10月14日に閣議決定された「原子力政策大綱」においても、「事業者等がプルトニウム利用計画をこれに沿って適切に公表することを期待する」とされております。
 私ども電気事業者は、平成22年度までに16~18基でプルサーマルを実施することを目指して取り組んでいるところであり、プルサーマル実施の当初は海外で所有しているプルトニウム(別紙の参考参照)を原料として海外で加工したMOX燃料を利用することとしておりますが、国内MOX燃料加工工場竣工後は、同工場で製造したMOX燃料も順次利用していくことになります。


PDF別紙「六ヶ所再処理工場回収プルトニウム利用計画(平成17,18年度)」[PDF:106KB]

PDF別紙の参考「プルトニウム所有量(平成17年9月末時点)」[PDF:66KB]

以上