プレスリリース バックナンバー(2006年)

浜岡原子力発電所4号機 プルサーマルに関する原子炉設置変更許可申請書の提出について

平成18年3月3日
中部電力株式会社

 当社は、本日、プルサーマルの実施に向けて「核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律」に基づき、「浜岡原子力発電所 原子炉設置変更許可申請書(1号、2号、3号、4号及び5号原子炉施設の変更 ※)」を経済産業大臣に提出しましたのでお知らせいたします。

※MOX燃料を輸送する容器(キャスク)をキャスク置場 に一時保管することになるが、このキャスク置場が1~5号機の共用設備であるため、MOX燃料を使用する4号機以外の1~3、5号機についても変更申請をする。

 具体的な申請内容は、4号機の取替燃料の一部としてウラン・プルトニウム混合酸化物燃料(MOX燃料)を使用することなどです。

 なお、MOX燃料の製造に先立ち、燃料の構成部品(部材等)を手配する必要があることから、近日中に燃料メーカと加工契約を締結する予定です。MOX燃料の製造は、原子炉設置変更許可を取得し、準備が整った後に開始します。

(注) 「プルサーマル」とは、原子力発電所の使用済燃料を再処理して回収した「プルトニウム」を、ウランに混ぜて、再び燃料として「サーマルリアクター」(既存の原子力発電所である軽水炉)で利用することを意味する言葉です。


別紙 浜岡4号機 プルサーマルに関する原子炉設置変更許可申請書について

参考1 MOX燃料使用開始までの工程(予定)

参考2 浜岡4号機で使用するMOX燃料の基本仕様及び安全評価結果

以上