プレスリリース バックナンバー(2006年)

浜岡原子力発電所5号機の自動停止について

平成18年6月15日
中部電力株式会社

 浜岡原子力発電所5号機(改良型沸騰水型、定格電気出力138万キロワット)は、定格熱出力一定運転中のところ、平成18年6月15日午前8時39分、「タービン振動過大」の警報が発報し、タービンが停止するとともに、原子炉が自動停止しました。

 原子炉は制御棒が全て挿入され安全に停止しています。

 なお、原子炉建屋、タービン建屋内における放射能放出等の異常はありません。
 また、排気筒モニタおよびモニタリングポストの指示に上昇はなく、外部への放射能の影響はありません。

 今後、タービンが停止した原因を調査します。


以上


資料

浜岡5号機 系統概略図