プレスリリース バックナンバー(2006年)

当社火力関係技術資料の情報流出について

平成18年8月31日
中部電力株式会社

 一昨日(8/29)、当社関係会社 株式会社中部プラントサービスの協力会社社員の自宅私有パソコンから、ウイルス感染によりウィニーネットワーク上に火力発電設備に関する技術資料が流出していたことが判明しました。
 流出した情報は、四日市LNGセンターの点検記録のフォーマットと記録の一部等であり、核物質防護に関する機微情報、お客さまや電力の供給に影響を与える情報は含まれておりません。 
 当社としましては、これまでも情報管理の徹底に努めてまいりましたが、今回の事態を重く受け止め、今後の再発防止を図るため、関係会社を含めて厳正な管理を徹底してまいります。


【情報流出の概要】

1 流出の経路

当社関係会社の協力会社社員がウィニーのインストールされている自宅の私有パソコンに技術資料を保存。その後、当該パソコンがウイルスに感染し、保存されていた技術資料がウィニーネットワーク上に流出。


2 流出の時期

 平成18年8月19日 12時24分


3 流出した情報の概要


  • ・四日市LNGセンターの各機器の点検記録(平成14年1月~2月の記録)
  • ・四日市LNGセンターにおける四日市火力発電所向けガス導管機械関係定期点検工事要領書、作業標準の一部
  •  (合計A4-115枚)

【再発防止策】

1 情報管理の諸ルールの再周知・再徹底

2 関係会社への下請・委託先を含めた情報管理の徹底


以上