プレスリリース バックナンバー(2006年)

新耐震指針に照らした浜岡原子力発電所の耐震安全性の評価に関する実施計画書の提出について

平成18年10月18日
中部電力株式会社

 平成18年9月19日、原子力安全委員会が「発電用原子炉施設に関する耐震設計審査指針」を改訂しました。これに伴い、翌9月20日に、原子力安全・保安院より、浜岡原子力発電所について、改訂された耐震指針(新耐震指針)に照らした耐震安全性の評価を実施するとともに、これとは別に、将来の確率論的安全評価の安全規制への導入の検討に資する情報として「残余のリスク」(注)の評価を実施し、同院に報告するよう指示文書が出されました。

 当社は、この指示文書に基づき、新耐震指針に照らした耐震安全性の評価の実施に先立ち、評価に係る具体的な対象施設、期間等を示した実施計画書を作成し、本日、原子力安全・保安院に提出しましたのでお知らせいたします。
 なお、「残余のリスク」の評価については、指示文書に基づき、別途、耐震安全性の評価の報告以降、報告することとします。

別紙:浜岡原子力発電所の耐震安全性評価実施計画書の概要

(注)「残余のリスク」とは、新耐震指針によると、「策定された地震動を上回る地震動の影響が施設に及ぶことにより、施設に重大な損傷事象が発生すること、施設から大量の放射性物質が拡散される事象が発生すること、あるいはそれらの結果として周辺公衆に対して放射線被ばくによる災害を及ぼすことのリスク」とされています。


以上