プレスリリース バックナンバー(2007年)

中部電力の従業員を装った訪問者にご注意(お願い)

平成19年1月10日
中部電力株式会社
名古屋支店

 「テレビのデジタル化」に関連して、当社従業員を装い高齢者宅を訪問する事象が発生いたしましたので、お客さまへの注意喚起をお願いしたくお知らせいたします。



1 発生日時

平成19年1月6日(土)夕方


2 発生場所

名古屋市中村区


3 発生事象

 中部電力の従業員を名乗る男1人が、お客さま宅(80才代、男性)を訪問し、「テレビのデジタル化は、工事や電気の契約容量を増やす必要がある。」としてお金を請求。
 お客さまが、約5万円を支払うと、金額を受け取ったことを記した署名入りのメモを渡し、「電話・テレビは2時間程使用しないように」と言って軽トラックで去っていった。
 不審に思ったお客さまが、当社に連絡し、男が名乗った従業員が実在しないことが判明した。

【中部電力からのお願いとお知らせ】

  • 最近、中部電力の従業員を装った詐欺行為が発生しています。
  • 当社から訪問し、デジタル化の工事代金の請求、契約容量増加の費用請求をおこなうことはありません。
  • 当社の従業員がお客さま宅を訪問する際は、従業員証を携帯しておりますので、必ずご確認ください。
    (従業員証には顔写真が印刷されております)
  • 不審に思われた場合は、すぐにお近くの中部電力までお問合せください。

以上