プレスリリース バックナンバー(2007年)

徳山発電所計画の事業主体変更について

平成19年3月13日
電源開発株式会社
中部電力株式会社

 Jパワー(電源開発株式会社,本店:東京都中央区,社長:中垣 喜彦)および中部電力株式会社(本店:名古屋市東区,社長:三田 敏雄,以下「中部電力」)は、本日、Jパワーの徳山発電所計画に関し、徳山ダム完成(平成20年3月予定)後に事業主体をJパワーから中部電力に変更することで合意しました。

 徳山発電所計画は、昭和57年12月の第90回電源開発調整審議会において電源開発基本計画に組み入れられて以来、Jパワーの開発地点として中部電力との協調のもと取り組んできたものです。
 この中でJパワーおよび中部電力は、電気事業を取り巻く経営環境の変化も踏まえ、徳山発電所計画の進め方について、検討・協議を進めてきました。
 その結果両社は、今後、徳山発電所計画について、建設から運転・保守に亘る各段階で効率性をより一層高めることにより、これまで以上に経済性を追求していく必要があるとの認識のもと、事業主体をJパワーから中部電力に変更することで合意に至りました。
 なお、事業主体を変更するにあたって発電所計画に変更はなく、計画どおり平成26年度運転開始を目指して開発を進めてまいります。また、事業主体変更に伴う諸手続き等につきましては、今後、関係する皆様と調整させていただく所存であり、事業主体変更までの間は、引き続きJパワーが責任をもって徳山発電所計画を推進してまいります。

 本計画の推進にあたり、これまでの地元および関係者の皆様からのご協力に対してあらためて御礼申し上げますとともに、今後とも引き続きよろしくお願い申し上げます。

以上


別紙:徳山発電所計画の概要


<別紙>

徳山発電所計画の概要

 徳山発電所計画は、独立行政法人水資源機構(以下「水資源機構」)が岐阜県揖斐郡揖斐川町(旧藤橋村)に建設中の徳山ダムに発電参加し、ダム下流直下に設ける発電所で最大出力15万3千kW(1号機13万kW・2号機2万3千kW、最大使用水量100.4m3/s)の発電を行う計画であり、平成26年度の運転開始を予定しているものです。
 なお徳山ダムは、水資源機構により平成18年9月から試験湛水が開始されており、平成20年3月に完成予定です。


○主要開発経緯


S32年 12月 第23回電源開発調整審議会において揖斐川を電源開発(株)の調査河川に指定
S51年 5月 建設省告示「徳山ダム建設事業に関する事業実施方針」
S57年 12月 第90回電源開発調整審議会において電源開発基本計画に組入れ
(中部電力(株)の杉原ダムを下池とする40万kW揚水計画)
H12年 5月 徳山ダム本体工事着工
H16年 5月 発電計画変更
(40万kW混合揚水・平成20年度運転開始→15万3千kW一般水力・平成26年度運転開始、中部電力(株)杉原発電所計画取り止め)
H18年 9月 徳山ダム試験湛水開始


以上