プレスリリース バックナンバー(2007年)

発電設備の点検結果に係る報告書の提出について

平成19年3月30日
中部電力株式会社

 当社は、経済産業省原子力安全・保安院からの指示「発電設備に係る点検について」(平成18・11・30原院第1号)に基づき、原子力発電設備、火力発電設備および水力発電設備について、データ改ざん、必要な手続の不備、その他同様な問題(以下、「不適切な事象」という)がないかを評価・検討するため、平成19年1月9日に「発電設備の点検に係る評価・検討委員会」を設置し、点検していくこととしました。
平成19年1月10日お知らせ済み

 本日、本件に関する点検結果の報告書をとりまとめ、経済産業省原子力安全・保安院に提出いたしましたのでお知らせします。

 当社では、点検により抽出された「不適切な事象」などの事案が、原子力発電設備で14件、火力発電設備で15件、水力発電設備で11件の計40件が認められました。

 当社といたしまして、「不適切な事象」が存在していたことについて、立地地域の皆さまはじめ、関係者の方々に深くお詫び申し上げます。

 当社は、「不適切な事象」が行われていた事実と、そのような事象を発生させた原因が存在していたことを真摯に受け止め、このようなことが二度と行われることがないよう、再発防止対策を徹底するとともに、その継続的な改善に取り組んでまいります。


1 事案に対する検討結果

 これら40件の事案を点検した結果、現状において、不適切な事象によって発電設備の保安が損なわれていないことを確認しました。また、これらの事案につきましては、それぞれ再発防止対策を検討し、「発電設備の点検に係る評価・検討委員会」において妥当性を評価しました。


2 今後について

 当社としましては、すみやかに、全社的な再発防止対策の仕組み(アクションプラン)を検討し、取りまとめることとしております。これが、まとまり次第、着実に実施してまいります。



添付資料1:発電設備に係る点検結果の概要

PDF添付資料2:「発電設備に係る点検報告書」[PDF:523KB]

PDF添付資料3:「別冊1 原子力発電設備 点検報告書」[PDF:522KB]

PDF添付資料4:「別冊2 火力発電設備 点検報告書(内燃力発電設備を含む)」[PDF:426KB]

PDF添付資料5:「別冊3 水力発電設備 点検報告書」[PDF:851KB]

以上