プレスリリース バックナンバー(2007年)

中部電力の従業員を装った詐欺にご注意(お願い)

平成19年6月29日
中部電力株式会社

 当社従業員を装った詐欺行為が発生いたしましたので、お客さまへの注意喚起をお願いしたくお知らせいたします。


1 発生日時

 平成19年6月22日(金) 15時頃

2 発生場所

 袋井市(旧浅羽町)

3 発生事象

 袋井市内のお客さま宅に当社従業員を装った犯人が訪問し「電気料金のお知らせ(検針票)」を示し、5月分の10,953円を請求した。
 お客さまが請求金額を支払うと犯人は現金を受け取り「電気料金のお知らせ(検針票)」を置いて立ち去った。
 6月26日(火)になり、電気料金は口座振替であったことに気づき、通帳記帳のうえ確認したところ、同額が振替済みであることを確認。当社に問い合わせ、事実が判明した。

【中部電力からのお願いとお知らせ】

当社は、「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」で、電気料金の集金はいたしません。
*検針票に「本証により集金することはありません。」と記載してあります。

当社の従業員がお客さま宅を訪問する際は、従業員証を携帯しておりますので、必ずご確認ください。(従業員証には顔写真が印刷されております)

不審に思われた場合は、すぐにお近くの中部電力までお問合せください。

別紙:「電気ご使用量のお知らせ」(検針票)見本


以上

<別紙>

「電気ご使用量のお知らせ」(検針票)見本


「電気ご使用量のお知らせ」(検針票)見本

以上