プレスリリース バックナンバー(2007年)

浜岡原子力発電所内管理物品の所在不明について

平成19年9月27日
中部電力株式会社

 浜岡原子力発電所において、平成16年12月より放射線管理区域内にある計器室内に保管していた、計器用触媒(白金板)138枚が所在不明であることを、平成19年9月25日に確認しました。
 その後、直ちに、計器室内の確認や関係者への聞き取り等を実施しましたが、当該触媒を発見できませんでした。
 このため、盗難の可能性が高いと判断し、昨日、警察署へ被害の届出をしましたので、お知らせいたします。
 なお、触媒は、放射性物質による汚染はなく、計器室内の保管棚に施錠して保管していました。


 計器室の出入管理については、扉の鍵を当社事務棟で保管管理し、貸し出し簿に必要事項を記載させた上で貸し出すこととしていますが、当社社員が直接鍵を手渡ししていない場合もありました。このため、当面の対策として、鍵の貸し出しの際には、当社社員が、使用目的等を確認した上で、直接手渡しすることとしました。
 今後とも、警察の捜査状況を踏まえ、必要に応じて対策を検討していきます。


1.所在不明物品および保管場所

触媒(白金板) 138枚 (総重量 約2キログラム)

<用途>

 計器内に溜まる非凝縮性ガス(水素、酸素)の再結合を促す触媒として使用していた。平成16年11月に4号機で発生した非凝縮性ガスの燃焼に伴う計器付属部品の変形事象を受け、撤去して使用済となった。

<内訳>

  • ・ 3号機 第二計器室内 106枚(保管枚数106枚)
  • ・ 5号機 第二計器室内  32枚(保管枚数 33枚)
    いずれも補助建屋の放射線管理区域内の部屋

2.状況

平成18年10月 触媒の保管状況確認(異常なし)
平成19年9月25日 触媒の保管状況確認
9時30分頃 3号機第二計器室内の触媒の所在不明を確認
11時00分頃 5号機第二計器室内の触媒の所在不明を確認
平成19年9月26日 11時40分 警察署に届出

所在不明確認から警察届出までの間、計器室内の確認および関係者への聴き取りを実施。

添付資料:計器室における保管状況(5号機第2計器室(例))


以上


添付資料

計器室における保管状況(5号機第2計器室(例))

画像:保管箇所

計器室内のキャビネット内に鍵をかけて保管。

画像:触媒(白金板)

写真は5号機で1枚残っていた触媒(白金板)


以上