プレスリリース バックナンバー(2007年)

発電設備点検・再発防止行動計画に基づく保安規程の一部改正について

平成19年10月31日
中部電力株式会社

 当社は、原子力発電設備、火力発電設備および水力発電設備における点検の結果、抽出された不適切な事案に対しての再発防止対策について具体的な行動計画を取りまとめ、本年5月21日に、経済産業省原子力安全・保安院に報告しました。

平成19年5月21日お知らせ済み)


 その後、電力各社が報告した点検結果を経済産業省が点検した結果を踏まえ、同省から電気事業法施行規則の一部を改正する省令が9月30日に施行されました。
 このたび、当社では同省令改正に基づき保安規程の一部を改正し、本日、経済産業大臣に対して、以下のとおり保安規程変更届出書を提出いたしましたのでお知らせします。


1 保安規程の変更内容

(1)保安のための関係法令および保安規程の遵守のための体制の明確化

経営責任者の関与の下,保安のための関係法令および保安規程の遵守のための体制を構築していることを記載した

(2)保安教育の充実

保安規程遵守に関する教育を行うことを追記するとともに、保安教育の改善に関する措置を追記した

(3)発電用の事業用電気工作物に対する保安活動内容等の明確化

保安に関する計画,実施,評価,改善に関する活動内容を記載した

保安に必要な文書の位置づけを明確にするとともに、文書管理ならびに文書改善手順を記載した

外部調達に関する管理手順を記載した

(4)保安規程の変更確認方法の充実

保安規程の変更要否を定期的に確認することを追記した


2 保安規程変更年月日

平成19年10月31日


 当社は、経営トップの強い意志の下、引き続き再発防止行動計画の着実な実践・定着、継続的な改善に努めてまいります。


以上