プレスリリース バックナンバー(2007年)

浜岡原子力発電所内管理物品の所在不明に係る再発防止対策(監視強化)について

平成19年11月8日
中部電力株式会社

 浜岡原子力発電所の放射線管理区域内にある計器室内で保管していた、計器用触媒(白金板)138枚が所在不明であることを、平成19年9月25日に確認し、9月26日に警察署へ被害の届出を行いました。なお、所在不明となった触媒は、放射性物質による汚染はありません。

平成19年9月27日公表済み)


 原子力安全・保安院指示「浜岡原子力発電所内管理物品の所在不明に係る再発防止対策について(平成19・09・27 原院第2号)」に基づき、管理区域内における物品の管理状況や、管理方法改善等の再発防止対策について、同院に報告を行いました。

平成19年10月5日公表済み)


 その後、防犯の観点から、管理区域からの物品搬出における監視強化について、対策を検討してきました。
 その結果、管理区域からの物品搬出経路となりうる汚染検査所(※1)において、既に設置されているカメラへの録画機能を追加する等の対策を行うこととしましたのでお知らせします。(詳細は別紙参照)


(※1)
汚染検査所は、小さな物品や携行品を人の退域にあわせて搬出する場合に使用します。


以上

< 別紙 >

浜岡原子力発電所内管理物品の所在不明に係る再発防止対策(監視強化)について

1.現状の管理状況

  • 身体に付けている物(眼鏡等)は、装着状態のまま体表面モニタにて汚染検査を行い、人の退域にあわせて搬出します。
  • 携行品については放射線監視員(※1)が測定器を用いて、または搬出者が物品搬出モニタによって汚染検査を実施した後、物品搬出の実績(物品名、員数等)を記録し物品搬出箇所から搬出します。

2.物品搬出に関する監視強化策

  • 万一、保管された物品が所在不明となった場合に、遡って調査できるよう、既に設置されている監視カメラに録画機能を追加します。
  • 物品搬出箇所に扉等の仕切りを設け、夜間は施錠し物品を搬出できない運用とします。

(※1)
放射線監視員は、管理区域の出入状況の監視並びに汚染検査所での携行品の搬出時の汚染検査・監視を行う委託員です。


以上