プレスリリース バックナンバー(2007年)

浜岡原子力発電所4号機 起動中の原子炉手動停止について(外観点検終了、原因調査開始)

平成19年11月16日
中部電力株式会社

 平成19年11月15日午後8時8分に、調整運転中(出力上昇中)の浜岡原子力発電所4号機(沸騰水型、定格電気出力113.7万キロワット)において、原子炉冷却材浄化系(※)の異状を示す警報が点灯し、同系統が停止しました。

 その後、運転員が再生熱交換器室の入口で異音を確認しました。

 このため原子炉を停止して調査することとし、同日、午後9時57分に原子炉を手動停止しました。

 同日、午後10時現在、同系統からの漏えいは確認されておらず、本事象による外部への放射能の影響はありません。

平成19年11月15日 公表済み)

 その後、引き続き原子炉水の温度を下げる操作を行い、本日(11月16日)午前3時40分に100℃未満(冷温停止)の状態になりました。

 これまでに、同系統上の機器や配管などの設備全体にわたって、外観目視点検を実施しました。その結果、設備全体にわたって漏えい箇所がないことを確認するとともに、変形や破損などの損傷箇所がないことも確認しました。

 今後、同系統の異状を示す警報を発生させた計器について、準備が整い次第、調査を開始します。また、運転員が異音を確認したことから、同系統の冷却を待って、再生熱交換器の点検に着手します。

 なお、点検結果については、まとまり次第お知らせします。

※原子炉冷却材浄化系は、原子炉水中の不純物を除去し、水質を維持させるための系統です。



PDF添付資料 「浜岡4号機 原子炉冷却材浄化系 系統概略図」[PDF:91KB]

以上