プレスリリース バックナンバー(2008年)

中部電力の従業員を装った詐欺にご注意(お願い)

平成20年2月8日
中部電力株式会社
岡崎支店

 当社従業員を装った詐欺行為が発生いたしました。2月4日(月曜)にも額田郡幸田町地内で同様の詐欺事件が発生しており、お客さまへの注意喚起をお願いしたくお知らせいたします。

1 発生日時

 平成20年2月8日(金曜) 16時20分頃

2 発生場所

 豊橋市内

3 発生事象

 豊橋市内のお客さま宅(女性70歳代)に、中部電力と名乗る男性1名が「地上波デジタルの案内チラシを3回郵送したが届いているか。」と訪問した。「工事をしないとテレビが見られなくなる。」といい、部屋に上がりテレビ周辺を調査した後、工事代金20万円を請求してきた。お客さまは手元にあった18万9千円を支払った。男性は、「30~40分後に領収証を持参する。」と言ってその場を立ち去った。

 同日16時30分頃、不審に思ったお客さまから当社に問合せがあり、詐欺であることが判明した。

 なお、お客さまは警察署への被害の届出をしていない。

4 犯人の特徴


  • 性別:男性
  • 年齢:30才代後半
  • 服装:水色もしくは灰色上下作業着風、同色の帽子
  • 体格:痩せ型
  • 身長:170cm位

【中部電力からのお知らせとお客さまへのお願い】

 当社社員や関係者を装った詐欺行為が発生しております。
 次のような理由で、突然訪問し、お金を請求してきたら注意してください。

  • • 屋内配線やブレーカーの点検
  • • 電気温水器の点検
  • • 「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」を使っての電気料金の請求
  • • テレビアンテナの点検、撤去工事 等

当社または関連会社従業員は、お客さま宅を訪問する際は、従業員証を携帯しておりますので、提示をお求めください。

不審に思われた場合は、その場で最寄りの当社営業所へお問い合わせください。



以上