プレスリリース バックナンバー(2008年)

浜岡原子力発電所4号機プルサーマルに関する輸入燃料体検査申請および海外で保有しているプルトニウムの利用計画について

平成20年3月4日
中部電力株式会社

 当社は、浜岡原子力発電所4号機のプルサーマルで使用するウラン・プルトニウム混合酸化物燃料(MOX燃料)を、フランスのメロックス工場で製造することとしています。

(平成19年5月18日 お知らせ済み)

 海外の工場でMOX燃料を製造する際には、電気事業法第51条第3項に基づき、製造開始に先立って輸入燃料体の検査申請※を行う必要があります。

 当社は、本日、経済産業省に対し、輸入燃料体検査申請を行いましたので、お知らせいたします。

 あわせて、海外で保有しているプルトニウムの利用計画をお知らせいたします。

 当社は、2010年度からのプルサーマル実施に向け、MOX燃料の調達に係る品質保証活動に万全を期すとともに、発電所の安全と透明性の確保に取り組んでまいります。

※ 輸入燃料体検査申請は、燃料製造開始の1ヶ月前までに行う必要があります。




以上