中部電力|多様な人財の活躍 女性活躍推進に係る法律に基づく「一般事業主行動計画」など - CSR(企業の社会的責任)
HOME>IR・企業情報>CSR(企業の社会的責任)>多様な人財の活躍 女性活躍推進に係る法律に基づく「一般事業主行動計画」など

CSR(企業の社会的責任) 多様な人財の活躍 女性活躍推進に係る法律に基づく「一般事業主行動計画」など

中部電力では、ダイバーシティの促進を経営課題と位置づけ、2007年に「女性活躍推進室」を設置し本格的な取り組みをスタート。2013年には組織を「多様な人財活躍支援室」へと発展的に拡大し、高年齢者や障がい者を含めた多様な人財の活躍支援を一元的に実施しています。

詳細はこちら

また、「女性活躍推進法」および「次世代育成支援対策推進法」に基づき、一般事業主行動計画を策定しています。

中部電力株式会社 行動計画

性別にかかわらず活躍できる雇用環境の整備をおこなうため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

2016年4月1日~2021年3月31日

2.当社の課題

女性役付職が少ない

  • リーダーを目指す意欲をさらに高める(本人)
  • 女性を育てる意識をさらに高める(管理側)
  • 育児期の女性の成長をより一層促進する

3.目標

  • 女性をはじめとしたダイバーシティの促進を通じて企業競争力を高める
  • 2020年度に女性役付職を2014年度の2倍以上とすることを目指し、女性を継続的に育成する

4.取り組み内容と実施時期(女性活躍推進法および次世代育成支援対策推進法に基づく取り組み)

取り組み1:女性に対する取り組み 2016年4月~

  • 若手女性社員(入社4年目~6年目程度)を対象とした研修
  • 30歳直前の女性社員を対象としたキャリア教育
  • 役付職一歩手前の女性主任を対象とした研修
  • 女性役付職と経営層との懇談会
  • 部門別・異業種研修

取り組み2:管理側に対する取り組み 2016年4月~

  • 役付職を対象にしたダイバーシティ教育(部下の成長促進、仕事と育児・介護の両立支援のあり方、生産性向上に向けた働き方など)

取り組み3:全社的な取り組み 2016年4月~

  • 労働生産性向上に向けた取り組み(フレックスタイム勤務制の適用拡大と定着など)
  • 育児期の社員へのキャリアアップ教育
  • 男性の家事・育児の参画促進
  • 仕事と介護の両立支援セミナー
  • 男女ともに優秀な人財の採用(女性に対する採用広報の強化)

女性活躍推進法に基づく「えるぼし認定」を取得しました

愛知県内に本社を置く企業の第1号として、女性の活躍推進に関する取り組みの実施状況などが優良な事業主を厚生労働大臣が認定する「えるぼし認定」を取得しました。
厚生労働省の定める5つの評価項目を全て満たしたことから、3つの認定段階のうち、最高評価の認定を受けました。

えるぼし認定マークの画像

「2014年度「ダイバーシティ経営企業100選」」を受賞しました

電力会社として初めて経済産業大臣が表彰する「ダイバーシティ経営企業100選」を受賞しました。
ダイバーシティ推進を経営の重点課題と位置付け、女性の育成強化や特例子会社の中電ウイング株式会社の設立などによる障がい者(当社では「チャレンジド」と呼称)の雇用拡大、行政や他企業と連携した中部地域のダイバーシティ推進への寄与などが評価されたと考えています。

「ダイバーシティ経営企業100選」ロゴマークの画像

「2015年度「なでしこ銘柄」」に選定されました

電力会社として初めて経済産業省と東京証券取引所の共同で実施している「なでしこ銘柄」に選定されました。
「2020年度には女性役付職を2014年度の2倍以上とする」という数値目標を掲げ、女性の育成および両立支援に積極的に取り組んでいることが評価されたと考えています。

「なでしこ銘柄」ロゴマークの画像

「次世代育成支援対策推進法」の認定を取得しました

「次世代育成支援対策推進法」に基づき、一般事業主行動計画(第1期:2005年度~2009年度、第2期:2010年度~2012年度、第3期:2013年度~2015年度)の計画内容を達成し、2010年5月(第1期)、2013年9月(第2期)、2016年6月(第3期)に愛知労働局より認定マーク(愛称:くるみん)を取得しました。

認定マーク(愛称:くるみん)の画像
よくあるご質問・お問い合わせ
  • 新しいウィンドウを開きます:Denki No Ashita でんきのあした
  • 新しいウィンドウを開きます:浜岡原子力発電所の今、これから
  • 採用情報
  • 新しいウィンドウを開きます:環境への取り組み
  • 新しいウィンドウを開きます:電気のこれからを考える「場」