中部電力|原子力安全向上に向けた取り組み(人財・体制編) - CSR(企業の社会的責任)
HOME>IR・企業情報>CSR(企業の社会的責任)>原子力安全向上に向けた取り組み(人財・体制編)

CSR(企業の社会的責任) 原子力安全向上に向けた取り組み(人財・体制編)

当社は、中部電力グループ原子力安全憲章を制定し、浜岡原子力発電所の安全性向上の取り組みを進めています。リスクの評価・対応策の審議をおこなうしくみを構築し、原子力部門のガバナンスの強化を図るなどしてきました。また、2014年12月には社外有識者の知見を安全性向上に向け活用するため原子力安全向上会議アドバイザリーボードの第1回を開催し、以降年に2回程度、リスクマネジメントの取り組み状況などを報告し、意見をいただいてきました。さらに、2017年10月には、社内外の原子力の専門家から原子力発電所の現場における安全性向上の取り組みに助言・提言をいただくため、浜岡原子力安全アドバイザリーボードを設立しました。

当社は社内外の知見を取り入れ、より一層の安全性向上を図ってまいります。

資料

よくあるご質問・お問い合わせ
  • 新しいウィンドウを開きます:Denki No Ashita でんきのあした
  • 新しいウィンドウを開きます:浜岡原子力発電所の今、これから
  • 採用情報
  • 新しいウィンドウを開きます:環境への取り組み
  • 新しいウィンドウを開きます:電気のこれからを考える「場」