中部電力|JINSI図上演習の実施について - 2 緊急時における現場対応力の強化

2 緊急時における現場対応力の強化 JANSI図上演習の実施について(2018年4月4日)

原子力安全推進協会(JANSI)による緊急時の指揮者クラスを対象とした図上演習(注)を浜岡原子力発電所で実施しました。今回は発電所への隕石接近やテロ発生などを題材とし、時々刻々と変化する情報を整理し、どのように組織を動かし緊急時対応を達成するかを考えることで、指揮者に求められる状況把握、意思決定、リーダーシップなどの能力向上を図りました。(写真は順に、講師による図上演習の説明、図上演習の様子)

(注)図上演習:仮定の災害状況のもと、情報の収集、処理、伝達などの対応を机上で検討・実施する演習

講師による図上演習の説明の様子
図上演習の様子

参考

よくあるご質問・お問い合わせ
  • 新しいウィンドウを開きます:Denki No Ashita でんきのあした
  • 新しいウィンドウを開きます:浜岡原子力発電所の今、これから
  • 採用情報
  • 新しいウィンドウを開きます:環境への取り組み
  • 新しいウィンドウを開きます:「交流」 人・まち・地域とくらしの情報 詳細はこちら