中部電力|緊急時における指揮者を対象とした訓練の実施について(2018年10月16日、17日、22日、25日) - 2 緊急時における現場対応力の強化
HOME>IR・企業情報>CSR(企業の社会的責任)>原子力安全向上に向けた取り組み(人財・体制編) >各種取り組み>2 緊急時における現場対応力の強化>緊急時における指揮者を対象とした訓練の実施について(2018年10月16日、17日、22日、25日)

2 緊急時における現場対応力の強化 緊急時における指揮者を対象とした訓練の実施について(2018年10月16日、17日、22日、25日)

浜岡原子力発電所で万一事故が発生した際の対策要員の内、発電所緊急事態対策本部で指揮を執る本部長や本部長代行者を対象とした訓練を実施しました。今回は、炉心の損傷など重大事故が発生した場合の原子炉の状態や運転員の対応操作について、座学および運転訓練シミュレータでの確認によって、指揮者に求められる状況把握、判断能力の向上を図りました。

緊急時における原子炉の状態を確認する様子

緊急時における原子炉の状態を確認

緊急時における機器操作を確認する様子

緊急時における機器操作を確認

よくあるご質問・お問い合わせ
  • 新しいウィンドウを開きます:Denki No Ashita でんきのあした
  • 新しいウィンドウを開きます:浜岡原子力発電所の今、これから
  • 採用情報
  • 新しいウィンドウを開きます:環境への取り組み
  • 新しいウィンドウを開きます:「交流」 人・まち・地域とくらしの情報 詳細はこちら