中部電力|日本原子力発電(株)美浜原子力緊急事態支援センターでの無線重機訓練について(2018年10月23日) - 3 原子力事業者間の連携
HOME>IR・企業情報>CSR(企業の社会的責任)>原子力安全向上に向けた取り組み(人財・体制編) >各種取り組み>3 原子力事業者間の連携>日本原子力発電(株)美浜原子力緊急事態支援センターでの無線重機訓練について(2018年10月23日)

3 原子力事業者間の連携 日本原子力発電(株)美浜原子力緊急事態支援センターでの無線重機訓練について(2018年10月23日)

美浜原子力緊急事態支援センターは、福島第一原子力発電所事故を踏まえ、多様かつ高度な災害対応を可能とするため、原子力事業者が共同で運営している組織です。当社社員は継続的に同センターでの訓練を受けており、今回は事故収束活動をおこなう場合の作業員の被ばく低減対策の一環として、無線重機を用いたがれき撤去などを実施しました。
なお、同センターには当社社員が出向しており、関係者と連携しながら、訓練内容の高度化を図っています。

無線重機訓練の様子

無線重機訓練(重機の動きを間近で見ながら遠隔操作の基本を学ぶ)

無線重機訓練の様子

無線重機訓練(重機コントロール車からの遠隔操作を学ぶ)

ロボット操作要員の訓練を担う当社出向社員の様子

ロボット操作要員の訓練を担う当社出向社員

参考

よくあるご質問・お問い合わせ
  • 新しいウィンドウを開きます:Denki No Ashita でんきのあした
  • 新しいウィンドウを開きます:浜岡原子力発電所の今、これから
  • 採用情報
  • 新しいウィンドウを開きます:環境への取り組み
  • 新しいウィンドウを開きます:「交流」 人・まち・地域とくらしの情報 詳細はこちら